「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!

  • ダイヤモンド社
3.64
  • (17)
  • (19)
  • (39)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 241
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478733134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "ブライアン・トレーシーさんの自己啓発本。夢を紙に書くことで、それが実現に近づく、こんなことが書いてあるのかなぁと思い読み始める。多くの成功者が実践している習慣。日本では、手帳に夢を書くという方法が紹介されていたりする。

    いい言葉ちりばめられているので、時々眺めることとする。"

  • ◆成功者と同じようにふるまえ
    ・チャンスと運は別物

    ◆望むことだけ考えろ
    ・毎朝素晴らしいことがおこるといえば必ずそうなるのだ

    ・運のいい人は自分の望みを常に人に語っている

    ◆夢のリストをつくれ
    1 自分のビジョンをつくる
    2 自分のミッションを書き出す
    3 自分の夢のリストをつくる
    4 目標のリストをつくる
    5 リストのなかで一番メリットのあるものを選ぶ
    6 目標達成のプランをつくる
    7 プランに基づいて動き出す

    ◆読書で知識を蓄えろ
    ・成功する人はこの本を読んでいる
    自分の分野で活躍している人によってかかれた本

    ◆苦手なスキルを強化せよ
    ・自分にしかない仕事をする

    ・毎日成功に近づいていると断言
    エミール・クーエ氏

    未来のためにできること
    会社と上司のためにできる貴重なサービスをはっきりさせそれに集中しよう

    あなたの値打ちを高め会社にとってより価値ある貢献をするために何ができるか上司に聞きに行こう。その答えをもらい行動にうつそう。

    ◆人に好かれると成功に近づく
    ・自分を好きな人は他人にも好かれる

    ・自分が好きだをナン度も繰り返せ

    ・相手の気をよくすれば相手もお返しをくれる

    ・成功者と同じ格好をする

    未来のためにできること
    相手を重要な人間だと感じさせること。一緒に働く人に機会あるごと賞賛、はげまし感謝を語りかけよう

    社内でもっとも人気があり説得力をもち影響力のある人間であるかのようにふるまおう。実際そうなるまでふりをし続ける

    ◆人のためになることをせよ

    ◆収入の一部を貯蓄せよ
    ・金持ちになる秘策
    1 仕事をスピードアップ
    2 品質改善
    3 価値を高める方法を探せ
    4 取引を簡単に
    5 顧客サービスを改善せよ
    6 トレンドに従え
    7 もっと安く売れ

    ・収入の一部は自分に支払う

    ◆超意識を使え
    ・46時間中望めば必ず実現する

    ◆もっとも重要なことからはじめよ
    ・成功する人は価値あることに注力

    ・20%の大事な仕事に全力を尽くせ

    最高の成果をあげる質問
    1 自分にとって価値ある活躍とは
    2 自分が成果をあげるべき分野は?
    3 何のために私は雇われているか
    4 自分だからできる重要な仕事は
    5 現在自分の自家のもっとも価値ある使い方は

    未来のためにやること
    仕事をはじめる前に自分のしごとにランクをつける
    簡単な仕事を先に片付ける誘惑に負けてはならない

    ◆チャンスを引き寄せよ
    行動思考のかぎ
    1 素早く動け
    2 より長く熱心に働け
    3 最も重要なことから始めよ
    4 もっとも得意なことをやれ
    5 仕事はまとめてやれ
    6 人と協力せよ
    7 仕事を単純化せよ

    ◆正直者になれ
    成功する人はこう考える
    1 自分に正直であれ
    2 自分の責任を引き受けよ
    3 思いやりをもて
    4 どんなときでも親切であれ
    5 友達であれ
    6 強さ

    ◆あえて恐れていることをやれ

  • 10年以上前に読み、私の人生を変えた一冊です。
    自分のやりたいこと、成し遂げたいことを見つけるのに最適な一冊だと考えます。

  • http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=266
    24時間を充実させることが重要であることを教えてくれる1冊です。

    ■成功する人は価値のあることに注力する
    時間は限られている。より多く手に入れることはできない。毎日24時間という新しい時間をもっている。そして、人生はそれをいかに使うかにかかっている。成功する人は、より価値あることにより多くの時間を費やす。目標に近づくことができることを、より多くやるのだ。
    1日24時間。この時間をどう使うかは自分次第だ。価値のあることに時間を使おう。毎日の24時間を充実したものにしよう。

    ■結果を予測せよ
    その行動がどんな結果をもたらしそうかで、優先順位が決まる。
    闇雲に行動しても意味はない。自分がほしい結果をもたらす行動をしよう。時間は有限なのだから。

    ■進んで必要なことをせよ
    きわめて重要な幸運の要素は、意欲である。目標達成に必要なことは何でもしようという決意である。多くの人は、目標を設けるとその達成のために必要なことはほとんどすべてをしようとする。だが、これは十分ではない。必要であればどんな代償でも払い、どんな遠くまででも出かけ、どんな犠牲でも払うほど目標に執着しなければならない。
    目標に執着しよう。絶対に達成するという意思を持とう。目標を達成するためにはどんな代償でも払うのだ。断固たる決意を持とう。

  • ちょいサバイバル色(スピリチュアルだとすると???)が強いですが、言っていることは真っ当。後半部分よりも前半部分がおすすめ。

  • 具体的で誰でも実行可能な方法論が提示されている。

  • 自分もこうしたいなと思い続けていたものが実現したという経験があるので、思い続けることの力は本当だと思う。
    ただ、忙しい毎日に流されてしまい、目標に意識が行かず、実現されていないのだろうと思う。
    視覚化することの大事さを再認識させられた。

  • 夢をリストにすること、
    寝る前に夢を実現している自分を想像すること、
    ほんとうに人生で大切なことに絞る。

    いろんな自己啓発書で書かれている内容だけれども、
    簡単なようでいてこれが難しい。

    夢は移ろいやすいもので、
    信じきることが難しいから。

    認識からすべては始まる。
    認識を強める仕組みとして、やはりリスト化は有効だろう。

  • 読書メモ#1

  • いつも目標など設定しないで、流されて過ごしている。

    でも・・
    自分の理想に近づくには目標を持って、それに向かって努力しつづけなくてはいけない。という当たり前のことがなかなかできない。

    たびたび読み返したい本です。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ブライアン・トレーシー

米国でもっとも著名なスピーカー、トレーナーコンサルタント。人材養成ビジネス会社、BRIAN TRACY INTERNATIONAL INCの会長兼CEO。
20代は不遇の貧乏生活を送るが、セールスマンとして頭角を現し、億万長者となった。現在は世界85ヶ国以上30種類以上の事業を手掛け、IBM,モービル、バンクオブアメリカ、クライスラー、コカコーラなどを始め、超有名企業200社以上に関わる。彼のプログラムは55ヶ国において500万人以上が受講する記録的大ヒットとなった。
また、講演家にとって名誉ある、アメリカ4000人の講演家で構成される「National-Speakers Association」の5大スピーカーの1人として選ばれ、現在ではトップ4%で構成されている殿堂入りも果たしている(ロナルド・レーガン元大統領も殿堂中の1人)。
主な著書に『カエルを食べてしまえ!』(ダイヤモンド社)『大切なことだけやりなさい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

「2018年 『極度集中 世界500万人が支持する最強の自己啓発入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブライアン・トレーシーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン トレ...
小山 龍介
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
フィリップ・マグ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!を本棚に登録しているひと

ツイートする