キャラ立ちの技術―自分ブランドをつくろう!

著者 :
  • ダイヤモンド社
2.92
  • (0)
  • (6)
  • (24)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478733219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャラが薄い人が読むよりも、キャラがすでに立っている人がさらにキャラ立ちするために読むとよさそう。

    自分のキャラとニーズがあっているかの確認などについても言及されており、就活時などに読むのも効果的と思われる。

    短所もウリにする、キャラの種をまく、ジョハリの窓を意識する、などが参考になった。

  • ◎借

    最初、考え方だけ書かれたハズレの本だと思ったけど間違いだった。


    文字通り、個人のキャラを「立たせる」ための、棚卸しのワークが詰まっている。実際にやったら、数時間で方向が見えてきた。

    キャラ立ちし、評判が浸透した後、それを風化・陳腐化させないところまで書かれているので、キャラ立てを実行して安定した頃、確認のために再読したい。

  • 就寝前のフォトリーディング。
    自分ブランド形成についての本。自己啓発の本であるが、序文の説明で今の多くの日本の若者が自分を見失っていることを体験的に述べていた。読み方次第では社会学的な知識も得られるかも。でもそれは自分の視点。基本的にはキャラだちの本。わかりやすくて面白そうだと感じた。
    高速リーディング。まずキャラ立ちについて説明し、キャラ立ちすると得すること、しないと損することを述べる。例えば就職の集団面接の際に特徴が出るとか、人よりも第一印象がよくて便利であるが、キャラが立たないとその他大勢にうもれてしまい、努力をしても虚しく目立たず忘れ去られるとのこと。要するに自分探しをしている人々に向けての本。自分探しはすなわち聖書的に言えば神から離れてしまったことによるアイデンティティーの喪失の結果の虚しさからくる行動。とするとこの本のキャラ立ちの努力もやはり神のないところでの肉の努力となる。しかしながら見た目を大切にすることや、キャラ立ちのための自分の持てる物の分析で右脳と左脳的に自分を見つめ直すところはなるほどと思った。またキャラを立てても演出を大切にしてそのキャラを新鮮に保つという努力も勧めている。例えば矢沢永吉が新鮮でい続けるその努力を分析している。
    私としては本当のキャラ立ちは神に立ち返らないと始まらないと思っているが、キリスト者になる前の私の努力を見るようで懐かしい本であったと思う。読まなくても良い本。星三つ。

  • おっしゃる通りごもっとも…だけど実践出来るなら、元から自分ブランド持ててるだろうなぁというのが率直な感想。心がけを変える、まず第一歩を踏み出さなければいけませんね。

  • 【No.131】「自分ブランドがあると、自分のことを知っている誰かの口から、自分のことを伝えてもらえやすくなる」「そのときどきの感情や状況、条件に左右されず、主体的に自分で行動や対応を選択することが重要。”自分ならこうする”という一定の価値基準と意志を持つこと」「好ましい評判を立てていくには、それを裏付けるタネが必要。タネとは、自分の売りを裏付けるさまざまな事実の集積」「すべての人に満遍なくアプローチするのではなく、まずは自分を評価してくれる人、好いてくれる人の”好き”を積み立てることから始める」

  • セルフブランディングするには、自己分析が大切である。

    自分が弱みと思っている部分もうまく生かせば強みとなる。

    関係ないが、この表紙はなんだろう?かなり笑える。

    中身は割とまじめな内容だ。

  • 私も5〜6年前から自分のキャラクターを少しオーバに演出するように心がけている。何でそんなことをやるのかというと、全く個性のない人間だと周りから忘れられるしそれではつまらないからである。
    この本では自分の個性のだし方として、セールスポイントをひとつ見つけ強調する、自分のポジショニング分析をしキャラクターを考える、評判をたてるために実務での実績を残すなどのことが書かれており、参考にはなったが、これはと思わせるような内容はなかった。

  • 小難しいことを考えすぎな気がする。

  • 職場無いとか転職するときとかの「キャラ立ち」の話。いまいち消化できず。

  • バイトの面接で頂いた。

    自己分析してウリ見つけ出し
    それを磨き、アピールし、
    色褪せない様に更新し続ける

    ウリなんて見つからない。。。
    作ればいいんだろうけど

    なんだか最近迷っているから
    素直に内容が入ってこなかった。

    社会人になったらまた読もう。

全12件中 1 - 10件を表示

杉村貴代の作品

キャラ立ちの技術―自分ブランドをつくろう!はこんな本です

ツイートする