王様の速読術

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.65
  • (70)
  • (126)
  • (166)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 809
レビュー : 167
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478733295

作品紹介・あらすじ

ただ速く読むだけでは、知識として活かせません。大切なのは知識の吸収。重要な2割を読んで8割を獲得する『王様の速読術』。ひたすら目を速く動かすことも、特殊な技能も必要としません。「専門書を短時間で読む」「試験に備える」「資格王になる」「1週間で専門家になる」など、目的別に速読術を使いこなすコツを紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  記憶術にも色々あるように、読書術の中には速読術というやつがある。それについて触れずして、読書家は名乗れないし読書家の人たちが語る「速読はねぇ・・・」という意見に乗れるわけもなくで目を通すこととなる。
     
     そもそもの話、本は端から端までボリュームがあり、文字情報は線形構造(上から下へ左から右へ)であり、書籍には構造がありで、特殊なやり方があるはずもないということは予想していたし、本書で紹介されているうちの一つ、”構造を把握して内容を大づかみしておこう”みたいなのは読書をいくらかしていたら気づいてたって良いはずだ。
     
     著者が編み出した速読法は、今まであった速読術を総まとめした優れたものなんですよ的な僕が作った最強の速読術的アピールに辟易するも、王様と席巻して見聞を広めようとする他国の召使いと言うストーリー仕立てで親しみやすくうまく読まされる。(ここら辺が啓発セミナーのセンセイがやりがちなうまい話術なのかもしれないが。)
     
     長々と速読の必要性を語った第1章を終えると早速速読術について語られる。目を速く動かすとか言うやり方はよくないから始まって、本を大づかみに捉えて、パラパラ一気にめくり(写真読み)要所だけフォーカスして読む(スキミング)、とざっくり言うとこう言うのが速読術なのだ、という。それ以降の章では速読術の実践に当たり、応用の仕方を仕込んでおしまい。

     英語的な文書の読解法にも触れられていてお得感があるが、速読の技術について深く説明することがなくてがっかりだったし、この手の本でよく説かれている”読書の効能”的な話もありで、ちょっと月並みかなって感じだ。まあまあってところ。

     ところで、多数本を執筆している作家の本は、何冊か読むと他の内容と被りまくり、つまるところ作者の限界をみることもある。セミナー講師が書く自己啓発本の類もそうだ。

     そもそも集中すれば2時間程度で一冊は読めるのだが、技術について深めたい意欲が出たので、次は「[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める(https://booklog.jp/item/1/4894513692)」を読むことにする。


    内容紹介
    本の“召使い”になっていませんか――?

    今日からあなたは、「本の国」の王様。
    本はあなたに“優良な知識をもたらす家来”です。
    本との面会時間(読書時間)や読み方は、あなたの都合に合わせればいい。
    国を支配する王様のように、本をコントロールしながら読むから、
    「王様の速読法」なのです!

    目を速く動かす練習も、「特殊な技能」も必要ありません。

    *1冊を30分で読破する
    *試験に備える
    *1週間で専門家になる

    など、目的別に速読術を使いこなすコツを紹介します。

    目次
    第1章 ワシには30分しかないのじゃ!(王様は忙しい。限られた謁見時間で知識を吸収したい!
    なぜ、家来の時間に合わせるのか? ほか)
    第2章 30分で1冊を読破―王様の速読術(この本と付き合う時間は30分と決める
    30分でどこまでわかるか挑戦してみよう ほか)
    第3章 目的別に速読術を使いこなすコツ(速読術を使いこなそう
    専門書を短時間で読む ほか)
    第4章 錬金術でアウトプットしよう(読んだだけで満足してちゃダメ
    頭の中で創造的に活用する ほか)
    第5章 大王様への道(TPOに合った速読術を極める
    キーワードだけを読む ほか)

  • 【評価★理由】
    ・文章が読みやすく、理解しやすい。
    ・なぜ速読をする必要があるのか説明しているため、説得力がある。
    ・速読術だけでなく読書術としての要素も満載である。

    【コメント】
    読書術に関する本です。
    中でも速読をする目的とその方法について書かれています。

    目的は、
    知識を得るためであるとしています。

    速読の部分では、
    「重要な二割を読んで、八割を獲得する」ことを推奨しています。
    1冊30分で、8割の内容を理解しようというものです。
    そしてその手法について説明しています。

    おおよその内容としては、
     本を素早くめくり、全体のイメージを深めてから、
     最初から目をざっと通して、
     必要なところを拾っていく
    という読み方を紹介しています。

    また、目的別に読み方にも触れています。
     専門書の読み方、
     資格をとるための読み方、
     短時間で知識を得るための読み方、
     英語の文章の読み方 
    等です。

    そして、ここまでに関しては本の前半の部分にあたります。

    後半は、読書術に関する紹介になっています。

     本の見つけ方、
     アウトプットの勧め、
     文章構造をパターンとして捉える、
    という方法についても触れていますので

    読書術に触れたことが無い方には一読を勧めたいです。
    良本です。

  • 速読法を中心に、本を読む意義などを紹介しています。

    本書では「いかに効率的に知識を吸収するか」
    という視点を重視しているところが好評価です。

    また、情報と知識の違いを、魚と寿司に例えて説明していたのはうまいなと感心させられました。


    有意義な読書を目指している人は是非!

    備忘録
    ◆学ぶとは、そこに書かれた情報を知識として記憶し、それをすぐに呼び出して問題を説くとか、ほかの情報と結び付けて新たな想像をしてアウトプットすることである。

    ◆いい本を選ぶコツ、それは結局は
    「自分がこれからどのようになっていきたいのか」
    「そのためにはどのような知識が必要なのか」
    という自分の人生目標と価値観の明確化である。

    ◆情報は「自分ならでは」の加工をするときになって、私たちはようやくその知識をちゃんと認識するのである。

  • ●本は、わたしたちに知識をもたらす最良の家来
    ●短い人生だからこそ、チャンスが少ない世の中だからこそ、優秀な多くの本という家来を見方につける
    ●読む行為より、大切なのは知識の吸収
    ●本は1冊30分で読む。その間に本の持つ情報、知識の重要さを見抜く。「これはいいぞ」と思ったらさらに30分付き合ってもいい
    ●この本とつきあう時間は30分と決める
     第一段階:プレビューを5分
     第二段階:5分間で全ページを写真読みしていく
     第三段階:残りの20分を使ってスキミング法で読んでいく
    ①プレビュー(5分間)
     ・この本を読む目的をはっきりさせる=戦略を立てる
     ・表紙やカバーからその本の情報を読み取る
     ・目次には時間をかける・・・作者の意図を読み取る
     ・パラパラと本文を見て、見出しと図表、写真、イラスト、マンガを中心に見る。特にビジュアルに注意。伝えたいことが直感的にわかるため
    ②見開き2秒で全てのページをチェック(5分間)
     ・全ページを見開きで各2ページに2秒ずつ平等に与えて見る・・・プレビューで見逃したものを発見できる
     ・とにかく読もうとせずに、見ていく
     ・写真を撮るように、見開き2ページ全体を視野に入れ、パッパッとやるのがコツ
      ⇒中身があまりなさそうだったら、この時点で「もうこれ以上読まなくてもいいかな」「ここの章だけは読んでおけばいいな」といったことがわかるようになる
     ・きちんと理解しようとか、なにか意図的に言葉を探すことはしなくていい。本から得られるイメージがダイレクトに脳へ届く感覚
     ・そのうちに、本から浮かび上がるキーワード、見ていて気付いたキーワードが残るはず
    ③スキミングで重要な2割を読んで、8割を獲得する(20分)
     ・スキミング=さっとすくい取る、ざっと読み取る
     ・漫然とやってしまうと斜め読み、拾い読み、飛ばし読みになってしまうので注意!
     ・大海原を舞う鳥のように、滑空しながら海面を見渡し、魚の気配を見つけたら急降下していく
     ・今の自分に読み取れる情報だけ読む。理解できないところを読んでも自分の情報にはならない
     ・楽しくないと思ったり、スキミングがうまくできなかったりする場合は、プレビューですでに失敗しているか、自分の目的と本の内容に大きなズレがある可能性がある。
    ●平等主義より公平主義で本に謁見
    ●100%を得ることが、必ずしも効率として優れているということではない。むしろ100%を目指すことは非効率なことである●人の記憶は徐々に薄れる。30分で読んだ本を本棚に並べ、本を時々眺める。必要なら取り出してパラパラ眺めて思い返すだけで定着する
    ●専門書を短時間で読む(ギネス三段ロケット法)
     ・プレビュー5分→スキミング15分→記憶学習法40分
     ・記憶学習法・・・覚えるべきことをきちんと理解する。自分なりの言葉に置き換える。他の情報と関連付ける。暗記する。これらの行動を徹底して行なうこと
     ・試験に備える場合は、プレビューからスキミングへと進む流れの中で、試験に出るであろうことをチェックする
     ・プレビューとスキミングの2段階で読む→学ぶべき対象の絞込み→記憶学習法で学習する
    ●資格王になるには(資格王式三回転学習法)
     ・プレビュー10%→全文熟読60%→記憶学習法30%
     ・重要項目はマーキングする。ただし全体の2割か3割に絞ること!
     ・どこが重要かを見極める力をつけていく
     ・記憶学習法では、マーキングした箇所だけを徹底して復習する
     ・テキストが比較的少ない資格試験に有効。テキストが多い場合は「ギネス三段ロケット法」が有効
    ●ナレッジワーカーになる(ギネスH型改良六段ロケット法)
     ・前半(30分): プレビュー5分、スキミング10分、記憶学習法15分
       ↓
      後半(30分): ブレインマッピング(図解法)5分、速書25分
       ↓
      補足(必要時のみ): 復習10分
    ●一週間で専門化式速読法
     ・知りたい専門分野の本を10冊集め、まず基本となる本を熟読する
     ・あとの9冊は補足情報なので二八の法則で速読する
    ●英文書籍や資料を読む(トピック・センテンス法)
     ・大きな見出し、小見出しに注意しながら、最初の文章だけを拾っていく
     ・各パラグラフ(段落)の第一番目の文章のみ重点的に読んでいく
     ・章の共通構造
      ①見出し
      ②リード(導入部)
      ③ビルボード(看板、広告。結論を提供する)
      ④キッカー(勢いをつける。次の章へ誘導する魅力ある文章)
    ●インターネット、メール、新聞は逆三読みで読む
     ・見出し→リード(ない場合もある)→記事
     ・見出しと一行目だけで読むか読まないか判断してよい
     ・逆三角形
      見出し
      見出し←リード
      見出し←リード←記事
      見出し←リード
      見出し
    ●文章をパターン認識する
     ①経験共有型:著者の経験を読者に伝える
      ⇒比較的平易で誰もが接点を持ちやすいため速読でかなりスピードが出る
     ②質疑応答型:問題提起が先にあり、それに答えていく
      ⇒「なぜ○○なのか」といった主張が提示されるためキーワードが探しやすい。速読でスピードが出る
     ③情報提示型:ある情報を詳細に伝える
      ⇒メリハリをつけて読み進む必要あり。今の自分にいらない情報は切り捨てる
     ④意見証明型:著者の意見、主張とその根拠を伝える
      ⇒意見が先にあるため著者の意見の部分をよく理解して読まないと曲解する恐れあり
     ⑤技術証明型:先に結論ありき。その後に結論に至った過程や理由を述べる
      ⇒先に結論があるのでそこを理解し、必要なら理由部分を読むし不要なら読まない
    ●ダイヤモンド級の知識を得て、ダイヤモンド級のアウトプットを

  • 速読術を試験対策や小説への応用方法を知りたくて読書。

    著者の説明する第三世代(フォトリーディングはここらしい)と第四世代の違いがよくつかめない。本書だけでは無理なのかもしれない。

    理解度を深めるためには、多読とアウトプットのサイクルを確立すること。

    特にアウトプットは重要。ここで感想を残すこともアウトプット。

    目的の明確化させることと30分という時間にもこだわりたい。

    より理解度を深めるためのアウトプットについても研究する年にしたい。
    小説への応用は…、まだまだ修業が必要なのか。

    読書時間:約45分

  • 本は30分で読む。
    ①プレビュー
    構造理解、目的を明確に
    ②写真読み
    重要点の見当をつける
    ③スキミング
    重要点だけを読み、価値がないところは飛ばす。

    全体の2割を読んで、8割を理解する。
    そして、読んだだけで満足せずアウトプットを行う。

    内容、方法も分かりやすく、今後使って見ようと思った。
    まずはひたすら30分で読んでみようと思う。

  • 目を速く動かすとかいった速読のテクニックではなく、本を家来として王様の立場から速読する方法について書いてある。

    大切なのは速く読めることではなく、その本から知識を吸収すること。100%の時間で100%を理解するより、20%の時間で80%を理解できたほうが効率が良い。

  • 速読本初めて挑戦した、流し読みで。
    速読のハウツー本は気が進まなかったけど、この本は速読の重要性やプレビュー→写真読み→スキミングと段階を踏んだ方法が気に入った。
    アフトプットの大切さも納得だし、記憶に残りやすいアフトプット(色を変えたり図で表したりとか)はその通りだと思う。
    一番心に残ったのは、繰り返し同じ本を読む必要を述べてたこと。やっぱ9日で6割ぐらい忘れちゃうやね。復習大事!

  • 本にはまとまりがある。

    やること、の時間を決める。時間がきたらやめる。

    80%の理解を20%の時間で。

    平等主義ではなく、公平主義で本を読む。同じようにすべての本を読まない。

    エビロングの記憶曲線。適度な復習が大事。

    プレビュー5分、スキミング15分、記憶学習40分。
    これを何回も繰り返す。

    基本書を一冊、全文を熟読する。その他の9冊を斜め読みして補足する。

    書店でもプレビュで売れ筋を把握する。これは書店にいかないとできない。

    見出しと1行目だけで判断する。逆三角形のような重要度。

    ルーブル美術館を全部見ようとしたら数日かかる。しかし半日ツアーもある。アーサー王の伝説も本筋に関係ない事柄が延々書いてある。
    ルーブル式、アーサー式を意識して、関係ないところ、興味のないところは思い切ってすっ飛ばす。

    情報は知識にしてアウトプットする。
    情報と知識の違い。
    情報は魚=新鮮なほどいい。知識は寿司=加工が命。

    目的を明確にすれば集中できる。

    自分の人生目標と価値観を明確にすれば、読みたい本が自然に目につく。

    いい情報を得たらすばやくアウトプットする。ブログ、メールマガジンなど。

    計画という名の先送り、明日でもいいや、というもったいなさを乗り越える。30分かかるものを5分だけでも、できるところまでやる。

    TPOに合った速読術。
    キーワードだけを読む、メインアイデアを探し出す、トピックセンテンスで要点把握、

    アウトプットが増えれば豊かになる。

  • 本はダイヤモンドの情報をいつでも提供してくれる優秀な家来。この家来を使いこなすのが優秀な王様、というわけだ。

    時間を制限することで高まる集中力、アウトプットする事で定着するインプット、自分の直感と興味を尊重することで長く続けられる。

    参考になった。

全167件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

医学博士

「2013年 『王様の速読術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

王様の速読術のその他の作品

斉藤英治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
デール カーネギ...
安河内 哲也
有効な右矢印 無効な右矢印

王様の速読術を本棚に登録しているひと

ツイートする