自分らしくお金持ちになるための70の習慣

  • ダイヤモンド社
3.48
  • (6)
  • (11)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478733325

作品紹介・あらすじ

本書の70の習慣の中から自分にあった習慣だけ選んで、実行すればいい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今までお金に非常に無頓着であった。 やはり、お金から自分の元に集まってくるためには、お金に好かれる人物にならねばならない。

  • 欲しいものがあったら、それはもう自分のものと考えよう。
    自分のもの、自分に属するもの、もうすでに手にしているものと考えよう。

    お金持ちになると信じれば、必ずそうなる

    金銭的な成功者になる前に、気持ちの上で成功者になるひつようがある。
    →自分が立てた目標を絶対できる、達成するぞと信じること

  • いろんな本をまとめた感じ。
    でも好印象。

    お金持ちの発想=リスクを最小限に抑えて「損をしない」

  • 2013-07-05

  • 初読

    啓蒙本かと思ったらマインドストーミングなど具体的な方法の提案もあり。

  • 薄い本だが、成功のために不可欠な要素が密度濃く詰まっている。マインドストーミングは目標達成のための強力なツールとなる。

  • お金持ちになるには会社を設立するか株をやるしかないのかなと。

  • 起業・独立の観点から成功ノウハウが書かれています。

    マーケティングの目的はセールスを不要なものにする事だ。

    未来にいつも焦点を合わせよう。自分が望む未来を作り出す為に今、何が自分に出来るかを常に考える。

    著者のベストセラー「カエルを食べてしまえ」も次回読んでみます。

  • 個人事業主向けのようで、まだ読んでもピンと来ない。

  • 単純に、面白い。
    人生論的な本は初めて読んだんだが、様々な点でなるほど、と思えた。
    全てを参考にする必要はない。あくまで自分らしくやればいい。
    「一般人」の周辺の人間というのは否定的な見方、意見をする者の方が圧倒的に多いはず、自分もそうだ。
    成功者というのは成功する為に行動を起こし続けているからこそ成功者と成りえたのである。
    身近な、簡単なことからはじめればいい。
    小さい成功をし続ければいい。
    すぐに行動出来るということが大事なのだ。
    あと一歩、を踏み出したい人に勧めたい一冊。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ブライアン・トレーシー
プロのスピーカー、トレーナー、コンサルタントであり、カリフォルニア州に本拠を置くブライアン・トレーシー・インターナショナルの会長。彼自身、自力で道を拓いた億万長者である。20代半ばでセールスマンになり、ビジネス界でその才能を発揮。自分なりのアイデア、方法、テクニックを生かし大開発会社のCOO(最高執行責任者)にまで昇りつめる。30代でアルバータ大学で商業の学士を得、その後アンドリュー・ジャクソン大学で経営管理学の修士を取得した。22の会社と業界で働いた経験をもとに、1981年、全米各地で、講演やセミナーを通して成功の原則を教えるようになった。プロのスピーカーとなって以来、45カ国の400万を超える人々に自らのアイデアを提供してきた。コンサルタントやトレーナーを務めた組織は1000以上になる。
ベストセラー作家として、著書に『カエルを食べてしまえ! 新版』(三笠書房>)、『「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!』(ダイヤモンド社)、『フォーカル・ポイント』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)ほか多数。

「2020年 『カエルにキスをしろ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブライアン・トレーシーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×