齋藤孝のアイデア革命

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.35
  • (3)
  • (4)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478750070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイデアの基本は「ずらす」「つなげる」

  • 空欄を埋めよでアイデアは噴出する。
    ○○ボックス。
    アイデアは、y=f(x)。まず、fを見つけるコツをつかむこと。ずらす、つなげる。
    x=エンピツ、f=消しゴムy=消しゴム付きエンピツ。
    身体経験を中心にとらえて発想する。上達に必要なのは、「型」を身体感覚として蓄積すること。
    経験の「暗黙知」を「形式知」化させる。
    5や10を見ただけでは分からないものでも、1000以上を見れば感覚として内在化される。
    fを捉えること=時代における共通認識を見つけること。

  • 【読む目的】

    仕事に役立てるための独創性のあるアイデアをたくさん出す方法を知りたい

    【読んだ感想】

    アイデアを出すための基本的な考え方、具体的な発想法がたくさん書いてあるので、とても参考になります。

  • 具体例を示して、さまざまな商品やサービスのアイディアを説明しており、とても面白い本です。

  • アイデアの出し方。y=f(x)のfの部分を考えること。
    fをどのように定義できるかでアイデアはいくらでも出る。

  • アイディアについて知りたくて読書。

    必ずしも無から創造する必要はなく、既存ものを発展、応用させることで新しいものを生み出すことができること。

    基本は「ずらす」「つなげる」としている。

    世阿弥の『風姿花伝』現在では剣道の言葉して使われることも多い守破離はまさにそれに近いものを表しているように思う。

    確かに世の中でヒットする商品はあれば便利だなというもので、まったく新しいものでない。

    自分では意識しない習慣のことを「暗黙知」と呼ぶそうだ。その暗黙知を認識、言語化することを「形式知」。それを再び暗黙知へ変換することがヒット商品を生み出すためのポイントだと述べている。

    メモ魔となり、1ヶ月、3ヶ月、半年後に見直して、「ずらす」「つなげる」ことができないか考えてみること。今の生活の中での現実的な方法だと思う。

    読書時間:約35分

  • 声に出して読みたい日本語の先生が商品開発のヒントについて書いたもの。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

齋藤孝のアイデア革命のその他の作品

齋藤孝のアイデア革命 Kindle版 齋藤孝のアイデア革命 齋藤孝

齋藤孝の作品

ツイートする