胎内記憶―バース・トラウマの秘密

  • ダイヤモンド社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478860250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これから読む
    胎児の頃の記憶が人格形成に云々ってとても興味がある

  • 胎内で受けた心的外傷と正しいおさんについて。とても面白かった。最後の方は前世の記憶など、聖書を知らない人の解釈。

  • これはすごく面白い!つなぶちと七田というきっかけで読んでみたけど、お産、自然な出産という事について考えるきっかけになってくれたと思う。紹介されていたいろんな本を読んでみようと思う。
    妊娠する前から知っておきたい事がいっぱい。
    「私一人なら乗り越えられない困難も、あなたが(赤ちゃん)いれば、きっと乗り越えられる。私のそばにいてくれてありがとう。」「赤ちゃんは味方」「私たちには大きな可能性がある。」「大きな困難ほど楽しい挑戦になる。」
    先生に産ませてもらう、というのではなくて、私が産む!という意識が大切。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

七田眞 1929年7月28日生まれ、島根県出身。米国ニューポート大学日本校・教育学部教授。教育学博士。日本文化振興会副会長。七田チャイルドアカデミー校長。しちだ・教育研究所会長。1997年、社会文化功労賞受賞、世界学術文化審議会より七田式右脳開発法を最優秀理論と認める最高功労賞を受賞。また国際学士院の世界知的財産登録協議会より、世界平和功労賞大騎士勲章を受章。2003年、知的財産の振興に尽くした功績に対し、東久邇宮記念賞を受賞。現在、七田式幼児教育を実践している教室は全国で450以上に広がり、アメリカ、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイにも七田式教育論が広がっている。著書に「奇跡の『右脳』革命」(三笠書房)、「わが子を天才児に育てる!」(KKロングセラーズ)など多数がある。

「2013年 『「魂」の人生学 学び、愛し、育てた七田眞の伝言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

七田眞の作品

ツイートする