ディーゼルこそが、地球を救う―なぜ、環境先進国はディーゼルを選択するのか?

  • ダイヤモンド社 (2004年4月発売)
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478871010

作品紹介

最高の燃費効率とパワー!地球温暖化の防止に貢献し、バイオマス、燃料電池時代にもマッチングするディーゼルの真の姿を、科学的根拠に基づいて明らかにする。

ディーゼルこそが、地球を救う―なぜ、環境先進国はディーゼルを選択するのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ディーゼルを見直した, 2004/8/23


    ディーゼルエンジンは、黒煙もでるし、光化学スモッグのNOx(窒素酸化物)もたくさん排出する。特に私はあの黒煙がきらいで、ディーゼルなんてなくなればよいとも思っていた。
    世間でも日本の場合は、東京都のディーゼルNO作戦に見られるように、ディーゼル=(環境)悪というイメージが定着していると思う
    しかし、最近のディーゼルエンジンはちょっと違うようだ。
    ディーゼルはもともと、ガソリンエンジンより燃費(効率)が良い。それに加えて、最近はコモンレールや排ガス処理装置等の技術で、黒煙やNOxの発生を大幅に抑制できている。今も技術革新が進んでいるようである。

    また、ヨーロッパでは、この燃費のよさと、それによるCO2削減効果があるため、ディーゼルが重視されていて、乗用車でもディーゼル車が多いようだ。
    本書を読んで、なぜヨーロッパはディーゼル乗用車が多いのか分かった。

    少しディーゼルを見直してみようという気になった。

    また、燃料電池車が注目されているが、まだまだ発展途上だ。CO2削減の観点ではガソリン車からディーゼル車への切り替えの方が、効果的な気がした。

    本書では燃料電池の問題にも触れている。ディーゼルと燃料電池の同時推進を提唱している。

    本書では、自動車の今後のあり方について、参考になる本だと思う。

    早く、クリーンなディーゼルエンジンが普及して欲しいと思った。

  • ディーゼルの優れた点を記した本。欧州では、ディーゼル使用過多の問題も起きるほどになっているのは事実。車をもし購入するなら、ディーゼル車しか買うことは無いだろうと思う。

  • 読み易い.[2004]

  • 倉敷市立図書館水島 所蔵

  • ディーゼルエンジンが実は環境に良かったってのはわかるけど、ディーゼルのみを褒めすぎでは?技術的ブレイクスルーは確実に起こるもの?あと、エンジンの工学的な説明が私には理解できなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

金谷年展の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ディーゼルこそが、地球を救う―なぜ、環境先進国はディーゼルを選択するのか?はこんな本です

ツイートする