成長の限界 人類の選択

制作 : 枝廣 淳子 
  • ダイヤモンド社
3.58
  • (11)
  • (18)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :225
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478871058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 環境問題といっても、大気や土壌や食料など、人間が生活してくのに必要不可欠な事に深く関わっていることばかりで、「知らない」「知りたくない」と目を背けるのではなく、この地球の住人として、「知ること」は義務だと思う。そういった意味では、本書は環境問題初心者にも分かり易い内容であると思う。

    各分野が章ごとに区切ってあるので、どこから読んでも大丈夫。ライトに読み始めたい場合は、8章をオススメする。8章では、これから幸せに生活していくにはどうしたらよいのか、といった話題にも触れている。

    今から10年以上前に書かれた本であるが、昨今の環境問題の話題と照らし合わせても話の内容が新鮮に思える。その位、環境問題の対策が進歩していないとも感じるが。

    遅々として動きが鈍いと感じる環境問題であるが、本書に出てくる「オゾン層」への対策事例は、そんな中でも人類が環境問題に対して迅速に対応できた問題であると感じた。10年以上経った現代では、新しい課題も出てきて、もう少し進展しているが、本書を読みながら、現状をネットなどで確認してみたり、考えたりしてみるのもよいかと思う。

  • 「成長の限界」の30年後のアップデート版。

    途中で20年後のアップデート版「限界を超えて」というのもあったので、シミュレーション・モデルが示すシナリオ自体は、そんなに新しいものではない。

    というか、こういうシナリオは、いまやIPCCの報告書やら、なんやらで日常的にでてくるようになっていて、かなり一般化したということかな。

    と、今や、ある意味、当たり前に属することがかかれているのだが、では、現実的に必要なことが出来ているかというと、出来ていないわけである。

    それどころか、ますます持続可能性から遠ざかり、限界を超えて崩壊するシナリオが現実化していく、そして、それを避けるためのアクションをとる時間とオプションはなくなりつつある、というのが悲しい現実。

    という認識すら、もしかすると、共有化されておらず、おそらく多くの人は、未だ温暖化を信じておらず、成長というメンタルモデルのなかにあることすら気付いていない、のかもしれない。

    と読めば読むほど、人類の未来は暗いものに思えてくる。

    それでも、人類の未来を信じる、という強固なポジティブさには頭が下がる。少しでも、そこに可能性があるのなら、それに賭けてみるという戦略的な楽観主義というべきかな。

    なかなか自分は、そこまでポジティブにはなれないのだが、なんかしなきゃ、という気にはなった。

  • 映画「マトリックス」のモーフィアスは言った、「問題は『選択』である」と。そう、全ては人類の「選択」に託されている。 著者らのシミュレーション結果は、与える条件に依存して地球の未来は大きく変わることを示唆する。そう、「未来は誰にも予想出来ない」が、「未来は創り出すことが出来る」のである。人類こそ、全ての生物の中で、最大限の選択肢を有する存在であると定義出来よう。
    -どのような地球を創り上げたいのか-
    まさに今、未来は人類にその選択を強いている。

  • 基本的に前二作と内容、主張は変わらない。
    図表は前よりも格段に見やすく量も多いので、
    前二作を飛ばして本書だけ読むのもありかなと思う。

    オゾン層の話が前作から続けて出ていたが、
    10年間でそれに匹敵するような大きさの問題の進展が無かったともとれる。

    この本の予測を悲観的にとらえる必要は無い。
    ただ、何事にも限界があるということを忘れずに、
    日々出来ることをやっていこうと思う。

  • リンさんのソウルオブマネーに掲載あり

    逗子図書館にあり。
    一旦返却。20140521

  • 世界の成長が一定以上は続かない、その原因とそのためにどうすべきかを述べている。
    オゾン層の取り組みについてなぜ世界で合意ができたのか知ることができた。オゾンよりも経済的に有効な物質があったというのも大きい。最近ようやく世界で使わなくなったというのもわかり、若干驚いた。
    二酸化炭素の件は、経済の外部化を内部化して対処するしかないのか。
    ゆくゆくは人口増加も経済の外部化とみなされそうな気がする。

  • 成長の限界シリーズの第三巻。2005年に出版されたものです。

    ワールド3のモデルを用い、さらに前作から10年経った今のシュミレーション結果をまとめています。
    とはいえ基本的なメッセージは一貫しており、前二つを読んでいるならそんなに読む必要なかったかな、とも思いました。
    ただ第二巻よりは読みやすい気がしたので、成長の限界呼んで次に読むならいいかもしれません。

    だれかの技術や市場に任せないで、足元から行動していきましょう。

  • ・破局に陥る理由やパターンが紹介されている。
    ・真実を語ろうと努力した様がにじみでている。
    ・すでに限界を越えているとの認識。
    ・限界を越えているが破局につながらない方策も残されているとの認識。
    ・技術の進歩と市場メカニズムだけでは対応が不十分だとの認識。

  • この本は国連の依頼によって研究した報告書を元に、出版されたものである。
    幅広く冷静に環境問題と取り組んで調査した報告書で、そのプロセスと結果と未来に対する可能性を伝えている。
    1972年に最初の「成長の限界」が出版され、世界中に広まった。20年後の1992年に「限界を超えて」と言う題で新たな情報に基づいて出版された。
    その10年後に出されたのがこの「限界を超えて・人類の選択」である。
    又10年後に、その時点での状況をまとめて出版する予定だという。

    今後どんな生き方を選ぶかを一人一人に問い掛けている。人間が何を求め・そのために工業が何をし・経済がどう対応していくのか。と言う判断をするための資料を提供してくれている。見えにくい現状をあるがままに明らかにして、無限にある人類の選択肢を示している。
    又、この著者達はカブ・ヒル村という自給自足できる連鎖した暮らしを求めて、実験的な村を運営し、実際に生活しながら具体的な方法や技術を模索している。
    その現状を公開した「成長の限界からカブ・ヒル村へ」という本も今年出版されている。

    三冊目となる「限界を超えて・人類の選択」の内容:
    天然資源を使い果たしてしまう前に、物質やエネルギーを提供してくれる地球の供給源と、汚染や廃棄物を処理してくれる浄化・吸収源のコストが増え続けることが問題にしている。
    再生可能な資源つまり連鎖しリサイクルする自然の営みを越えた消費が、自らの首を絞めている事実を客観的に見せてくれる。
    再生可能な資源を安易に目先の利益のために使い続けるとコストが高くなりすぎて、工業の成長自体が崩れる。それに伴って物質経済、果ては金融経済が突然に破壊することになる。

    例えば、私達が日々の暮らしの中で、現実に何ができるだろうか?
    学んで現状を自分で判断すること・社会の運営に参加すること・燃費の良い実用的な車を選ぶこと・ビンや缶などの資源ゴミをリサイクルすること・意識を持って投票すること・さらにライフスタイル自分らしく無駄の少ない暮らしぶりにすること・子供を二人までにすること・化石エネルギーの価格を高く設定すること・フェアートレードを心掛けること・自分らしい生計を見付けること・対立して抑圧しないこと・土地の手入れをすること・嘘を付かないこと・・・。と率先してやれることは段階的にいくらでもあることを告げている。

  • 工業化社会になって人類はいかに地球という「資産」を加速度的に食いつぶしながら、物質的な豊かさを求めて「成長」と「発展」を追い続けるのか?

    40年ほど前にこのような警鐘があったのだが。この間、物質的な豊かさは増えたにもかかわらず、その反面、精神的な豊かさは置き去りになったようにも思える。

    福島第一原子力発電所の事故を経験して、日本はこれからどういう豊かさを求めて行くのだろう・・・?

全20件中 1 - 10件を表示

成長の限界 人類の選択のその他の作品

成長の限界 人類の選択 Kindle版 成長の限界 人類の選択 デニス・メドウズ

デニス・メドウズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
デニス・メドウズ
村上 春樹
ヴィクトール・E...
J・モーティマー...
村上 春樹
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

成長の限界 人類の選択に関連するまとめ

成長の限界 人類の選択を本棚に登録しているひと

ツイートする