いきものがたり

  • ダイヤモンド社
4.12
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (57ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478871102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本棚に一冊いれておきたい。@国際センターライブラリー

  • 直感的に生物多様性の重要性を理解できるビジュアルブック。

  • 様々な職業の人々による生物多様性の大切さを訴える本。
    ページ数は少なく、各著者数ページしか書いてないが絵本調・写真・漫画などを使っての表現でわかりやすい。詳しいことは書いてないが興味をもつのにはいいと思う。
    特に子供に生物多様性の大切さ・面白さを教えるのにちょうどいいと思う。

  • 著者のトークショーに行って来ました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/hiroasakawajp/47523617.html

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1937年、神奈川県鎌倉市生まれ。解剖学者。東京大学名誉教授。東京大学医学部卒業、東京大学大学院基礎医学で解剖学を専攻し博士課程修了。医学博士号取得。東京大学助手・助教授を経て解剖学第二講座教授。この間、東京大学総合研究資料館館長(1989~93年)、東京大学出版会理事長(1991~95年)を歴任。退官後、北里大学教授を務める。主な著書に、サントリー学術賞を受賞した『からだの見方』(筑摩書房、1988年、ちくま文庫、1991年)、毎日出版文化賞特別賞を受賞した『バカの壁』(新潮新書、2003年)をはじめ、『唯脳論』(筑摩書房、1990年、ちくま学芸文庫、1998年)、『カミとヒトの解剖学』(法藏館、1992年、ちくま学芸文庫、2002年)、『身体の文学史』(新潮社、1997年、新潮文庫、2001年、新潮選書、2010年)、『神は詳細に宿る』(青土社、2019年)など。その他、共著・翻訳書など多数。

「2022年 『日本人の身体観の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

養老孟司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
寄藤 文平
セオドア・グレイ
カズオ イシグロ
三浦 しをん
モーリス・センダ...
寄藤 文平
ロバート・ヘンラ...
フランツ・カフカ
シェル・シルヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×