チェンジ!

制作 : 奥野 節子  佐々木 ひとみ 
  • ダイヤモンド社
3.56
  • (23)
  • (42)
  • (61)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 313
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478930700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビルは極々平凡な少年でした。お金持ちで有名人のベニーと、あまりにも顔が似ていることを除いては。僕は裕福な彼の生活に憧れ、彼は賑やかな温もりのある僕の日常に憧れた。2人のとりかえっこ大作戦。選択肢は2つあったとしても、きっと始まる前から分かっていたような気がします。無い物を求め得ることにより失くさなければならないものが、実は一番安心で大事なものだということを。自分は自分でしかないのだということを。

  • ありがちな設定でも新しい話をかけるのがシアラーのすごいところ!読んでいく目の動き、ページを繰る手がもどかしいくらい展開のハラハラ感がうまい。いつか英語で読みたいなあ…やっぱり金原瑞人さんの訳に慣れてるとちょっと違和感を感じるかな?

  • ベニー ビル

  • 入れ替わってみてわかったこと。
    有名人も楽じゃない。自分っていいもんだ。

    マーク・トウェイン『王子と乞食』から脈々と続く、入れ替わりモノ。あまりにも“お約束”過ぎたので、星は二つ。もうちょっと小さいときに読みたかった。

  • ビルの考え方とか素直にひねくれてるところが面白かった(*^-^*)

    ありきたりと言えばありきたり…てゆうか普通にありきたりかなー(^_^;)

  • さすがシアラー、ハラハラドキドキの展開で子供(小5)も一気によめちゃったそうです。おもしろかった。設定は現代版「王子と乞食」なんだけど、テーマは自分探し。息子に今読んでもらいたい本としてはぴったりです。

  • 読後は、すっきり爽やか!
    そしてさすがアレックス・シアラーさん!
    どうしてここまで少年の気持ちが理解出来るんだろう。

  • 物怖じしないビルにハラハラしました。
    大人にも負けないくらい口が達者なビルですが、やっぱり子どもね~、と感じる部分も多く、微笑ましく読みました。

  • アメリカドラマみたいな話でした。
    有名人の息子にそっくりだった事がわかったさえない少年と、当のその有名人の息子とが、1日入れ替わろうとする設定。
    本で読むよりドラマで見たい。

  • 学校の読書感想文にかきました。

全31件中 1 - 10件を表示

プロフィール

英国スコットランド北部のウィックに生まれ、現在はサマセット州に住んでいる。テレビやラジオ、映画、舞台のシナリオライターとして活躍したあと、数多くのヤングアダルト小説を執筆、ガーディアン賞にノミネートされた『スノードーム』(求龍堂)などを生みだした。映画やテレビシリーズになった作品もあり、日本では『チョコレート・アンダーグラウンド』(求龍堂)を原作としたコミックやアニメ映画が制作された。他に、『青空のむこう』、『13ヵ月と13週と13日と満月の夜』『This is the Life』(いずれも求龍堂)、『スキ・スキ・スキ!』(あかね書房)、『世界でたったひとりの子』『あの雲を追いかけて』『骨董通りの幽霊省』(いずれも竹書房)などがある。

アレックス・シアラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
森 絵都
アレックス シア...
アレックス・シア...
有川 浩
アレックス シア...
アレックス シア...
アレックス シア...
アレックス・シア...
アレックス・シア...
ジャネット・リー...
有川 浩
有川 浩
アレックス シア...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

チェンジ!を本棚に登録しているひと

ツイートする