パラレルな世紀への跳躍

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.40
  • (12)
  • (16)
  • (57)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 128
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478942048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 純粋な捻くれもの。
    それでいて真っ直ぐな感じが好き。

  • 太田さんの書くものって、私、ことごとく苦手。
    太田さん自身はすごく好きなんだけど、彼の思考が文章になった途端に理解できなくなってしまう。

    でも彼が信じているのは、
    ひたすら明るい、今よりも美しい未来。
    今の努力の結果が未来になるのだから、美しくないばすがないとも断言しているように思えた。
    すごい、けど、すごすぎる。
    純粋なんだよね、きっと。

  • 2012/08/15

  • 太田さん好きなのにそういえば読んでないなと、図書室で見掛けて思い出した。
    簡潔だったり綺麗だったり、色々な話が楽しめた。時事ネタも多く、もっと早く読めばよかったと後悔。

  • 私が好んで文学を読むようになったきっかけを作ってくれた爆笑問題の太田光のエッセイ。彼の思索は飛躍的でどこか少年の心が残っている。

  • 二十一世紀も二年を過ぎた。新世紀の幕開けはテロとの戦いから始まった。

  • 私が太田光を好きになった本。テレビのバラエティ番組で見せるはちゃめちゃな太田さんとはまた違った太田さんがいた。知的で感性豊かで純粋な。小説っぽい文章とか。太田さんの文章表現には大きく影響を受けました。

  • 彼の書く、世界の一部を切り取ったような話は好みだ。

  • TVでの印象とは別物な感じです

  • 読みやすかった。合間に入るフィクションもなかなか素敵だった。(読了'07/12)

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年5月13日、埼玉県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科を中退後、1988年、大学の同級生の田中裕二と爆笑問題を結成。1993年度NHK新人演芸大賞、2006年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。主な著書に『パラレルな世紀への跳躍』(集英社文庫)、『天下御免の向こう見ず』『ヒレハレ草』『三三七拍子』(すべて幻冬舎文庫)、『トリックスターから、空へ』(新潮文庫)、『マボロシの鳥』(新潮社)、『文明の子』(ダイヤモンド社)、『憲法九条を世界遺産に』(中沢新一との共著、集英社新書)、『向田邦子の陽射し』(文春文庫)など。

「2016年 『今日も猫背で考え中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パラレルな世紀への跳躍のその他の作品

太田光の作品

ツイートする