愛の十三夜日記

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478942161

作品紹介・あらすじ

映画評論家・おすぎの最近7年間にわたる、日記形式の映画評を完全掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もはや映画評論では第一任者になった人だが、おすぎという芸名のせいで何となくデビュー時の胡散臭さが抜けないのではないか? 実際に金城武さんをいう時の口調は、そういう視点から抜け出しません。

    実際、同性愛の感性は私には判らない。レッド・クリフは確かに黒沢のコピーだが、それ以前に「ロードオブ」の製作方式に似ていてロードを重ね、その周辺で見てしまう。

    いや私の方には国際感覚もないが……ナビィの恋がOKで、双生児がNGなのか、私には判りません。まるっきり判らないとあれば踏ん切りもつくが、障害児映画に対しては同じ評価を出します。

    私は、マイフレンドフォーエバー、マイフレンドオブメモリー、サイモンバーチに関して、勝手にシリーズ物と思っていました。おすぎさんによると違う。おすぎさんも3本を並べて支持します。

    私の場合は健常児と障害児の友情を通し、人間の連帯を謳った映画で、この点の主張の前にウムを言わせない。先行の1本に啓発され同じ主張の映画が2本続いたらしい。

    ここで私には兄弟のピーコさんの事が浮かびます。しかしおすぎには加えてカリエスの姉がいるとあります。感性として同じなのか現実の重複か、怪しくなって私はますます頭を抱え込むのです。

    実質的な違いの分かれ目は「山の郵便配達」あたりにある。山はずいぶん評価の分かれた作で、実質は父子の細やかな仕事での伝達を描いています。最後にその伝達が幻想であるト観客に伝わる。

    父のような仕事をしていては出世が出来ない、それは母によって明かされます……おすぎさんもラストを無視して、幻想に酔ったまま作品評価とする……らしい。それとも途中で席を立ったか? どちらにしろ父権の死ですね。

    「風」とかベン・ハーの能天気な世界観が私は苦手で、グラディエターはローマ帝国の滅亡と重ねて見ました。映画は子供っぽさの肯定かもしれない、おすぎさんを読んでいると思えてきます。

    スピルバーグも黒沢もある意味では子供っぽい。まあスピルバーグが特にそうで子供を出すと勢い説得力が出る(笑)恐竜が追ってくるかサメが追ってくるかダンプが追ってくるか、違いは何もない。


    風は女性の子供っぽさを描いた映画で、男性映画は男の子供っぽさを描いた世界に過ぎません。風に共感した人がグラディエターを笑うのは、目くそ鼻くその例えです。

    ああ、そうか。そういう事なのか……私はリストアップされた映画に納得するのです。ウエストサイド、ロレンス、2001年、太陽がいっぱい……ベストの映画は誰でも同じです。

    おすぎはチャップリンを押し、私はリドリー・スコットを押します。そんなに大きな違いではない……(笑)スターウォーズの言及がありますが、ジェイク・ロイドについては「海辺の家」の方がいいのでは? 興行への影響を考える批評なのか。

    愛の13夜日記というタイトルもだが、パソコンで長文のブログを読むように、この本は読みにくい。明朝、2段組みになぜしなかったのダイアモンド社さん。

全1件中 1 - 1件を表示

おすぎの作品

ツイートする