愛国者の条件―昭和の失策とナショナリズムの本質を問う

  • ダイヤモンド社
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478942345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体的に日本の海軍が重点的に語られたり論じられていて、どういう意図かわからないけど、書名の内容にはなっていないと思う。

    戸髙一成さんが日本の海軍史研究家ということで、半藤一利さんもそれに合わせたお話しや執筆をされたのか。

    個人的には戸髙一成さんの発言、論は知識と見方が偏向しているように思えて説得力を感じない。

    そんな中で「第七章「再軍備を語る前に知っておくべきこと」ーー半藤一利」は参考になりました。

  • 昭和史の本はほとんど読んだことはない。この本は、仰々しいタイトルに反して、内容は海軍こぼれ話的で柔らかい。第一次安倍内閣の頃に刊行された本で、巻頭の対談で愛国教育について触れている。

    ・同期の桜の原詩は、西条八十「少女倶楽部」に掲載
    ・「オイアクマ」は海軍の標語
    ・戦艦大和は秘密裏に建造されたため、当時の一般国民は知らなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

愛国者の条件―昭和の失策とナショナリズムの本質を問うのその他の作品

愛国者の条件 Kindle版 愛国者の条件 半藤一利

半藤一利の作品

ツイートする