迷いながら生きる ~ドイツ人禅僧が語る、「自分」にとらわれない考え方~

著者 : ネルケ無方
  • 大和書房 (2013年6月21日発売)
3.62
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479012108

作品紹介

「ありのままの自分」を探さない。「救い」も「悟り」も求めない。自給自足と坐禅に生きるドイツ人禅僧が見出した、「今を生きること」に没頭するための知恵。

迷いながら生きる ~ドイツ人禅僧が語る、「自分」にとらわれない考え方~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドイツ人の禅僧が、「迷い」、特に「自分」というテーマを西洋哲学、心理学、仏教の角度から分析する本。一つのテーマを洋の東西、時系列で整理してるので、哲学好きはたまらないかも。
    さっくり読むのではなく、時有り本を閉じて、自分で考えながら読むのが楽しい本。
    以下、個人的なメモ。
    ●夢を追うばかりで、自分を疎かにしてしまう。
    ●本当の自分とは、本当の自分という空想を追い回したあげくにようやくつかむものではなく、それを手放して、今ここに帰ったその瞬間に初めて発見するものです。
    ●本当の自分があらかじめ用意されていて、それをつかんで実現する、そういう話ではない。そんな本当の自分など、最初からどこにもないのです。自分が今ここで作り上げるにしても、作れるわけがありません。本当の自分という幻想を忘れて、やるべき事をただやる、そのときに初めて本当の自分になれる、そういうからくりではないでしょうか。
    ●自分の個性を、そこまでファッションでアピールしなければならないという事は、そもそも個性がない証拠ではありませんか。
    ●花は人に美しく思って貰おうと思って咲くのではない。座禅人も、悟りを開くために座禅しているのではない。皆、ただ自分が自分を自分しているのである。
    ●自由は仏教用語。自己に由る。
    ・自己=1/1=2/2=3/3…人類/人類、一切/一切
    ・しちゃいけないことは、しない。しなければいけないことは、進んでやる。小学生でもそれくらいのことはわかりますが、大人になってもなかなか出来ないというのが人間です。

  • 異彩を放つドイツ人禅僧ネルケ無方さんの著作。
    哲学の解説から始まって、では仏教ではどうなのかということをわかりやすく説法して頂けます。
    「自分」はあると言うのが普通ですが、どっこい「自分」と言う存在は「自分」がいるから「自分なのだ」という訳ではない。
    仏教では「縁起」という考え方をします。
    即ち「自分なんてものはない。周囲との関係(縁)によって立ち上がってくる存在」であることが前提です。
    その上で無方氏は迷いのない人生なんてない。迷うのが人生だ。と説きます。
    どんなに徳の高い高僧でも迷っている。
    本当に迷わなくなったのは釈尊お一人。
    よくある仏法書では「迷いを断ち切り、自分を見つめましょう」と書いてありますが迷いを断ち切るなど土台無理な話。
    当たり前ですが、改めて言われてみると腑に落ちます。

全3件中 1 - 3件を表示

ネルケ無方の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤雅彦
デール カーネギ...
デール カーネギ...
夏川 草介
スペンサー ジョ...
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

迷いながら生きる ~ドイツ人禅僧が語る、「自分」にとらわれない考え方~はこんな本です

ツイートする