英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)

著者 : 小栗左多里
  • 大和書房 (2006年4月15日発売)
3.14
  • (9)
  • (32)
  • (122)
  • (16)
  • (4)
  • 本棚登録 :402
  • レビュー :74
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300229

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 英語学習について知りたくて読書。

    自分の実力の冷静な把握と戦略。

    最終的にはコツコツと継続すること。ハードルを下げて達成感を味わえる仕組みを作る。ラジオ、英文読み。

    イラストが可愛い。

    代表作『ダーリンは外国人』を読みたくなる。

    読書時間:約45分

  • 買って一気に読んでしまった。結局は地道に努力していくしかないのだな!と納得。

  • とにかく笑える、面白い。イラストも可愛くて読みやすく、すぐ読み終わった。いろんな英語の勉強法が紹介されててこういうのもあるんだなと参考になった/(^o^)\

  • 数々の英語勉強法が漫画で紹介されてて読みやすく、面白かった( ^ω^ )

  • 元々「ダーリンは外国人」が好きだったので
    とても楽しく読めた♪
    この本自体の内容は、特別新しい発見があるわけではないが
    とにかく笑える(^v^)"

  • グループレッスンだと間違ってても通じればOKって納得。正しく直してもらうのはマンツーマンか。

  • 日本人はどうしてえーごができないんだろう。おもしろかった

  • 読みやすく、面白い。
    英語ができないと言いながら、英会話スクールの不誠実な校長に、ここまでちゃんと異議を申し立てられるだけでも彼女は充分立派だと思うけど。
    私も彼女と同様に、地道に独学を続けることにしよう。

  • この本のタイトル。
    常々、私が思っていること、心の中で叫んでいることでございます(笑)
    『ダーリンは外国人』の小栗さんの本。
    『ダーリン…』は読んだことがありませんが・・・
    小栗さんが挑んできたさまざまな英語上達法。
    ときどき、「プッ!」と笑えるものもあり~
    でも、この本を読んだからと言って英語が話せるようになるわけでもないし、英語が話せなくても大丈夫!と開き直れるわけでもない。
    だって…、小栗さんは英語ができないと言っていながら、レベルチェックでは「中級」だし、ヒアリングは〇ですからね~
    読み終えて頭に浮かんできたのは…
    「ローマは一日にしてならず!」
    「継続は力なり」
    そして、小栗さんのしめくくり言葉は・・・
    「あきらめないかぎり、昨日より上達する!」でした。

  • 英語コンプレックスをかかえる多くの日本人に大いに参考になる。いろいろやってみても最後は結局、地道にやるのが一番、という月並みな結論だが、ちゃんと最後まで読ませてくれます。

全74件中 1 - 10件を表示

小栗左多里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
白石 昌則
東野 圭吾
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)はこんな本です

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする