政商―昭和闇の支配者〈2巻〉 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.32
  • (2)
  • (9)
  • (22)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 93
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小佐野賢治がどういう人なのかはよくわかるが、1巻同様、文章の継ぎ接ぎ感が邪魔くさい。
    これが6巻まで続くのか……?(多分続く)

  • こういう政商には私はなれない、と思う。
    本当に凄い神経なんだろう。

    田中角栄は政治家にならなかったら、小佐野の上を行っていただろう、とのこと。金の使い方は政治家の発想と事業家では違う。政治家は信用できない無駄な部分にまで金を使う。事業化は契約以外の金は使わない。
    小佐野も田中も若者と気軽に話した。政財界の大物の地位に君臨しても、何の抵抗もなく庶民連中にこまかな気配りをするから、大人気なんだろう。

  • 闇の支配者というが闇っぽいのは田中角栄と組んで仕掛けた土地転がしやガソリンのちょろまかしくらい。
    金の絡まない口利きなら問題ないのだろうか。
    それに株式会社が買収云々と文句を言うのはなんだか会社の私物化という感じで変な話。
    しかも買収したら成功させてるのだから問題という話だろうか。
    そこに癒着による打算があるのだろうが、後ろ指指されない成功はなかなかないのではないだろうか。
    小説として面白い。

  •  小佐野賢治
     国際興業 バス・ホテル

  • 生命がけのビジネス。ダークだけどかっこいい。

  • やっと児玉誉志夫、小佐野興治、横井英樹のドム
    三連戦を戦い終えました。

    もっとでかいお仕事がしたい人の野望を
    触発する本ですね。

    善悪はおいて。

  • 4479300236 313p 2006・4・15 1刷

  • 時代を動かしてきた政商たちの凄いパワーを感じる作品ですね。
    圧倒されます。
    なんでもありか!?
    お金ってなに?
    と考えさせられます。

  • 中央(写真)がご本人。小佐野賢治。政治家を食い尽くした男。極貧育ちから拝金主義者へ。小佐野王国を築いた闇将軍。田中角栄を総理に押し上げた男。とにかく。金。金。金。悪いことしたら、昭和の流行語。記憶にゴザイマセン。面白いんだけどあんまりいい気分にもならないんだけど。でも実は本人。猜疑心と嫉妬心の塊のような人。人なんか信じられるか金しか信じられない。そんな風に昭和を生きた。すごいけどかわいそうっていうアンバランスな。魅力っていうのはでもそういうもんなのかな。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1944年、広島県に生まれる。広島大学文学部を卒業。週刊文春記者をへて、作家として政財官界から芸能、犯罪まで幅広いジャンルで旺盛な創作活動をつづけている。
著書には『実録 田中角栄と鉄の軍団』シリーズ(全3巻、講談社+α文庫)、『昭和闇の支配者』シリーズ(全6巻、だいわ文庫)、『逆襲弁護士 河合弘之』『専横のカリスマ 渡邉恒雄』『激闘!闇の帝王 安藤昇』『永田町知謀戦』(1・2)(以上、さくら舎)などがある。

「2018年 『日本のドン 血と弾丸の抗争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大下英治の作品

政商―昭和闇の支配者〈2巻〉 (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする