かなしみの名前 中原中也の言葉 (だいわ文庫)

  • 大和書房 (2006年7月発売)
3.49
  • (9)
  • (6)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300373

かなしみの名前 中原中也の言葉 (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あたしはふだん、詩集なんて全く読まないし、どこがおもしろいのか全然わからない。

    中原中也も、以前、先輩に「中原中也を知らないなんて教養がない」と言われ、1冊くらい読んでみるかと思ってはいたものの、なかなか手が出せずにいたのです。

    さて、それで2週間くらい前、斎藤孝が編集した中原中也の詩集(?)を見つけ、写真入りで、ふつーの詩集よりおもしろそうだし、きれいだし、途中途中に中原中也の人生みたいのが書かれてあって、これならまだ読めるかな、と。

    で、あたしにとっては、それが正解。
    というのも、詩は、それを書いた人の人生を知って読むのと、知らずにだらだら読むのとでは、だんぜん色が違う!

    何かが書かれた背景を知るということは、やっぱり大切なことなんだなと改めて実感。

  • 同じ日本語なのに、こうも違うのかと、愕然とします。
    憧れてやまない、言葉の重み。

  • 明治に生まれた中原中也。彼の言葉は現代に生きる僕らの悲しみをも飲み込み、ぼくらの心を捉える。

  • 明治に生まれた中原中也。彼の言葉は現代に生きる僕らの悲しみをも飲み込み、ぼくらの心を捉える。

  • 中原中也が読みやすい形で紹介されてます。

  • 美しすぎた、彼の理想と思想。美しすぎて、きっと居づらかったのではないかしらん。「汚れっちまった悲しみに・・・」意外な彼の素顔が見れたりする、斉藤さん編の詩集。

  • 写真と詩のコラボレーション。合間に入る白紙のページが絶妙の構成。詩だけ味わいたい人には不向きかと。

  • 写真との新鮮な組み合わせが普通に文章を読むより数倍頭に残る。とても素敵な本。

全9件中 1 - 9件を表示

中原中也の作品

かなしみの名前 中原中也の言葉 (だいわ文庫)はこんな本です

ツイートする