もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.65
  • (14)
  • (19)
  • (25)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :195
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300557

作品紹介・あらすじ

カメとのレースに負けた、慢心のウサギ。そんなウサギは従来型の命令・指示・お説教では動きません。どうすればウサギのやる気を引き出し、能力を高めることができるのでしょうか。人の話を聞かないウサギに話を聞かせるには?反抗的なウサギとコミュニケーションとるには?ぼーっとしていて何もしないウサギを育てるには?コーチングの第一人者による、目からウロコの人材育成術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コーチングのポイントをまとめている本。設定が良く分からないが、ウサギにコーチをするというほのぼのとした感じ。でも内容はしっかりと入ってくるので良いたとえになっている。

  • コーチングの入門書。
    新しい発見というよりは、今まで自分が行ってきていたことに意味があったのだなと実感できたという要素が強かった。

    ●知識が積まれること=リセプターができたという
    →他者を引き付けるためには、相手を注意深く観察して、リセプターのある領域の話をするのが良い

    ●自分の内側をどんな感じでいっぱいにしておきたいのか。内側の状態をマネージメントすることは、すべてにおいて優先すべき。

  • 良書。53個目を読んでる時泣きそうでもあったし、じんわりあたたかくもなった〜。ニーズにドンピシャな本を進めてくださるあたり小畑さんさすが。実践とこの本を行ったり来たりしたい。

  • やまぐちせいこさんのシンプル本で紹介されてた一冊。

  • これだけで何とかなるかは…
    対個人、対ゆとり用。

  • コーチングの概要が簡単に分かる。
    ウサギを例にしているのが分かりやすいのかも。

  • わかりやすいです。
    もう何年も前に買った本ですが、今でも時々開きます。

  • ◆すぐれたコーチはすぐれた質問(相手の知恵を引き出す質問)ができる。クローズド、オープンの2つのクエスチョンの使い方がポイント。自分のためではなく、相手のためになる質問を心がける。興味を持ったから聞くのではなく、興味を持って聞く。⇒相手の関心事に関心を寄せる。
    ◆反省1時間より代替案2個。
    ◆アドバイスよりも要求。しっかり自分で考えさせること。

  • コーチング入門書。おもしろい。わかりやすい。

  • ウサギにコーチングという切り口が面白い!!
    まぁ実はあまりウサギは関係がないのだが…。
    コーチングの基礎的考え方を学べる良書だった。
    この本はきっと何度も読み直して、
    その度に新たな発見ができる本になる。そんな予感がした。

全22件中 1 - 10件を表示

もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)のその他の作品

伊藤守の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ロンダ・バーン
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)はこんな本です

もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする