原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.28
  • (18)
  • (70)
  • (154)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 812
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300731

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■この書評を書くまで、しばらくまともに文章を書いていなかった。・・・というか人生の中でまともに腰をすえて文章を書いたことなど、大学時代の卒論を除けばほとんどないことに気付いた。経験の少ない分野で効率的に成長する為にはどうするか?成功している先人の知恵を学ぶのだ。
    <BR><BR>
    ■というわけで題名通りのこの本を、文章力アップの為購入。目的が明確な方が効果は出やすい。そこでこの書評の文章レベルアップを目標とした。<BR><BR>
    ■文章力アップの為の重要点は3点。<BR>
     ・コンセプトを3点選ぶ<BR>
     ・文章スタイル(視点)を決める<BR>
     ・量をこなす(慣れる)<BR>
    <BR>
    まずはコンセプトの3点抽出を心がけながら、書評量をこなしていこうと思う。

  • ある程度まとまった内容の文章を書くには、「関連のない三つのキーコンセプトをあげる」「その三つをつなぐ論理を組み立てる」のがポイントだそうです。子どもが読書感想文を書く際も、読んで大事だと思うところを三つあげて書くようにするとよいようです。お試しあれ。

  • なぜかこの本を読んだら自分でも文章がすらすら書けるような気分になる実践的な本。実際、自分もこの本を読んだ後にこうやって文章を書いたり日記を書き始めている。まずは質より量をかせぐことが重要だ。

全82件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする