原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.27
  • (18)
  • (69)
  • (154)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 809
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300731

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文書を書くことがどういうことか、よくわかった。これを読んでると、早く何かを書きたい気持ちにもなる。

  • 昔から作文が本当に苦手でした。レベルの低さを自分自身で実感させられるため、書くことが本当に嫌いでした。
    「文章の質というのは、読書体験や人生経験、才能などを含めたその人の総合力にかかってくる。
    急には上げられないし、急には変えられない。質を上げてから量に向かうのではなく、
    量をこなすことで質を上げると考えよう」
    とにかく書くことが重要で書いているうちに質も上がってきます。
    書いた内容を見なおして客観視することで、改善の方向性も見えてきて、
    決して努力は無駄にならないのです。

    また、書くにあたって大事なことは、書く目的を明確にすることです。
    何事においても大事といわれている「目的」ですが、
    書く目的はやはり「相手に伝える」ことで、
    何かを書くたびに何を伝えたいのかを意識しましょう。

    小説の感想を書いたり、このような本のレビューを書いたりすることも練習になりますね。

  • これ、すごくいいです。
    読書家が必ずしも文章が書ける訳ではないという事実。
    長文を書こうと構えてみてもなかなか踏み出せない理由。
    ひとつのテーマに必ず3つのコンセプトを立てるという主張。

    毎日少しずつでも継続して文章を書き続けることで、
    必ず誰でも原稿用紙10枚(4000字)は書けるようになるという。

    その日が楽しみでしかたがない。
    明日から、毎日なにかを書いて過ごそうと決意。

  • ・話すことは、プライベート。書くことは、パブリック。
    ・3つの印象的なことを留めておき、それらの関連性を考察して、書いていく。
    ・構成を事前に決めてから、読んでいく、素材を集める。

  • 世界遺産検定マイスター受験の準備のために読みました。
    文章の構築というものを様々なモノに例えて説明してくれているので大変読みやすく解りやすかったです。
    論文を書くにあたり、一から学ぶにはとても良い本だと感じました。

  • 古書店。

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする