原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.27
  • (18)
  • (69)
  • (154)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 811
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300731

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学生にもなって、読書感想文の書けず、苦戦してたので、読んでみた。
    3つのキーワードを見つける。
    引用する。
    とにかく書いてみる。
    とりあえずこれくらいなら出来そうなのでやってみる。

    後半に、前半で書かれていることみたいなのが出て来て、あれ?さっきも言ってなかった?って思ったので、後半は少ししつこいなと思ってしまった。そこが残念。

  • プロローグ
    「書くことはスポーツだ」


    訓練訓練。
    トレーニングが必要。
    しかも正しい。


    原稿用紙10枚は相当ハードルが高いな~。

  • 私は長文を書くのが苦手です。書ける人は、スルスラ頭の中に浮かんでくるものだと思っていましたが、そうではなくコツがあることを知りました。自分の中で発見があったので★4つです。

  • <u><b>書くことはスポーツだ</b></u>

    <span style="color:#cc9966;">「引用力」のためには、「書くための読書術」を身につけ、キーワードをつかむ。「レジュメ力」のためには、キーフレーズを見つけ、書く前に設計図を作成する。「構築力」のためには、三つのキーコンセプトをつくり、それらをつなぐ。「立ち位置」をつけるには、自分の立場をはっきりさせ、オリジナリティある文体をつくる。これら四つの力を磨けば、だれでもかならず「書く力」が身につく。 </span>

    中学時代に「世の中全て関数だ!」と言った数学の教師がいたが、齋藤孝は「世の中全てスポーツだ!」と思ってるんだと思う。
    まぁ、でも明快と言えば明快である。中身も単純明快。さぁ、文章を書くトレーニングでもしようか。
    以下、内容メモ
    [more]

    ○量をこなすことで質をあげる。
     一日の書くノルマを決めて、その枚数をこなす。

    ○三つのポイントで書く

    ○起承転結 「転」から考える

    ○「話す」ことは「書く」ことはまったく違う行為である
     「話す」=プライベート 「書く」=パブリック
     書く=基本的な機能は、体験の意味、経験の意味を明らかにすること。定着し、時間を超えて残る。
     感じたことを気の利いた言葉にするのと、きちんんとまとまりのある文章にするのとでは、脳の働かせ方がまったく違う

    ○意味の含有率を高める
     意味の含有率をはっきりと感じ取る感性を培う

    ○スポーツで上達するためにはいまの自分の状態がどのレベルにあるかを知ることが第一のポイントである。
     文章も同じ。

    ○書くことは価値の創造である
     価値を高める 価値があるものを見つける 新たな価値を創出する。
     書くという行為は、そのまま放っておけばエントロピー(無秩序状態)が増大していき、ますます退屈で無意味な世界になる日常の中に、意味という行為を打ち立てていく作業
     書くアイデアを出すときには、自分を掘り起こし、自分の中の経験値や暗黙知(言語かされずに蓄積した知)の中から絞り出す

    ○書く力とは構想力である

  • 5年ほど前に読んだものの再読になります。

    とても読みやすくまとまりのある文書術の本です。

    原稿用紙10枚書くために必要なアイテムと考え方が書かれていて、とても参考になりました。

    特に、
    1、自分が書きたいテーマについてできるだけ関係のない3つの項目を書きだして、そのキーワード化する

    2、キーワードを「〇〇は〇〇である」のようにキーフレーズ化し、
    自分が一番言いたいこととして文章の一番最初に書いてしまう。

    3、それについて説明する文章を原稿用紙3~4枚書く。

    この方法だと、あまり気合を入れずに10枚はかけるようになりそうな、そんな気にさせられました。

    あと、書く力をつけるための読書術の本としても読める内容ですね。

  • 文章が書きたくなる本。

  • “十枚書ける人は、長い文章を書く基礎的な力”を持っているとして、「量から質」の文章トレーニングを勧めている。感想文、構成、文体についてなど書かれているが、構成が上手く、内容が理解しやすい。

  • 書く力について知りたくて読書。

    まずは質よりも量をこなす。とりあえず書き出して、書きためておくことが大切だと感じる。

    読み手を想定して書いてみる。

    自分の文体はまだまだまったく確立していないので、本書を再読して磨いていきたいと思う。原稿用紙10枚書くためには訓練が必要と認識。

    文章の整合性を取ることがここ数年の課題である。今後はさらに質の高い文章を目指し、分かりやすく、伝わりやすい文書をアウトプットする前提で読書をしていきたいと思う。

    マインドマツプで基本構成を考え、書き出す。それから文章を書き始めるのは有効的な方法かもしれない。

    起承転結ではなく、転起承結が必要。

    読書時間:約45分

  • 目次
       まえがき
    プロローグ 書くことはスポーツだ
     なぜ十枚書く力が大切か
     「量から質」が文章上達の近道
     あらゆる手段を使って十枚書こう
     書く推進力になる引用
     「3つの法則」は文章構築のカギ
     起承転結の「転」から文章は考える
     「起承転結」で読むトレーニング
     書けるようになると、読書力がアップする
     アレンジの束がオリジナリティだ
     書けるようになると次の世界が見えてくる
    第1章 書くことは考える力を鍛える
     1 書く前に考える
      「書く」ことは構築することだ
      書き言葉は時間を超えて残る
      「話し言葉」と「書き言葉」の違い
      パソコンで「書く」力をつける
      書けば書くほどアイディアが生まれる
     2 思考力を鍛える
      書くことで脳は鍛えられる
      意味の含有率を高めよう
      書き言葉で話す
      書く力をつける読書
      考え抜く力をどうつけるか
     3 書くことは価値の創造だ
      新しく意味を生み出す行為
      価値を下げる文章は書かない
      「新たな気づき」があるか
      書くことで人とつながる
    第2章 書く力とは構築力である
     1 「引用力」をつける
      書くための読書術
      読み込む力は、書くことを前提にすると上がる
      「こなす読書」をめざす
      制限時間の中で読む
      問題意識を持って読む
      「引用」の技を学ぶ
      テキストを読み手と共有するメリット
      おもしろいと感じたことをグループ分けする
      引用のポイントを外さないコツ
      引用から文章を組み立てる
      「気づき」がおもしろさを生む
     2 「レジュメ力」をつける
      キーワードを拾い、メモをつくる
      構想に役立つメモのつくり方
      性格の違う三つのキーコンセプトをつくる
      キーコンセプトは切り口になる
      レジュメは文章の設計図
      長い文章を書くトレーニング
     3 文章は「3の法則」で構築する
      キーワードからキーフレーズへ
      関連のない三つのキーコンセプトをつなぐ
      三つのキーコンセプトを図化する
      暗黙知を呼び覚ます
      章、節、項目を見極める
      私の論文トレーニング
      読書感想文で三つのポイントを選ぶ練習 
    トレーニングメニュー 映画の活用
     映画を分解してみよう
     何に自分が反応するか
     自分の関心を掘り下げる
    第3章 「文体」を身につける
     1 文体が文章に生命力を与える
      主観的なことを書く
      文体は構築力の上に築かれる
      生命力は文体ににじみ出る
      生命力と構築力
      音読すると文章の生命力がわかる
      対自分の文章と対他人の文章の違い
     2 文体は立ち位置で決まる
      文章の身体性とは何か
      自分の立ち位置を意識する
      自分のポジションを決める
     3 オリジナルな文章を書く
      立つ位置で構築の仕方が変わる
      書きやすい立ち位置を見つける
      主観と客観のバランスをとる
      取捨選択することで頭を高速回転させる
      アレンジ次第で文体は変わる
      触発されてオリジナリティが生まれる
    トレーニングメニュー 日記の活用
     自分のことを話したいパワー
     自分の中の内圧を高める
     自己肯定力が湧いてくる
    あとがき
    参考文献

  • これはためになる。

  • タイトル通りの内容です。いかにして原稿10枚を書けるようにするか。誰にもみせない、日記を書くのがいいなど書いてありますが、自分がなるほどと思ったのは、一つのテーマを選んだら、三つの気になる点(テーマ)を抜き出し、それらを結ぶ繋がりを考えるという点でした。こうすることで、文章にオリジナリティが生まれるそうです。

  • まずは原稿用紙3枚位からが目標かなぁ(・∀・)

    とりあえずは、色々なジャンルの本を読んで
    このブクログに感想を書こ〜とっ♪

  • 全体的に、どうやって長文を書く力を身に着けていくかということを、わりと分りやすく書かれてました。
    でも、初心者の私には?なところもあったので・・☆四つ。

  • 「書く力」は「読む力」「考える力」と表裏一体であり、「書く力」を養うことはすなわち「考える」訓練になる。

    (目次)
    プロローグ 書くことはスポーツだ
    ・起承転結の「転」から文章は考える
    第1章 書くことは考える力を鍛える
    ・「書く」ことは構築することだ
    第2章 「書く力」とは構築力である
    ・「引用力」をつける
    ・「レジュメ力」をつける
    (キーワードを拾い、メモをつくる/性格の違う三つのキーコンセプトをつくる/キーコンセプトは切り口になる)
    ・文章は「3の法則」で構築する
    (キーワードからキーフレーズへ/関連のない三つのキーコンセプトをつなぐ/三つのキーコンセプトを図化する)
    第3章 「文体」を身につける
    ・文体が文章に生命力を与える
    ・文体は立ち位置で決まる

  • 読書メモ
    ・文章は、起承転結の「転」から始める。
    ・読んで面白いと思った箇所を3つ以上見つける。
    ・3つ以上出た場合は3つにグルーピングする。
    ・キーワードを拾い、メモを作る。
    ・性格の違う3つのキーコンセプトを作る。
    ・3つのコンセプトをつなぐ論理を組み立てる。
    ・キーコンセプトは文章を書く際の方向性を決める切り口となる。
    ・キーワード→キーコンセプト→キーフレーズ
    ・自分の立ち位置によって文体は変わる。

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする