気心道―タオ療法の秘力 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479301424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気の話でありながら、集合的無意識とのつながり。人の体をどう見るか。人生をどう見るか。世界をどう見るか。
    おもしろかった。

  • 僧侶資格を持つ著者。
    仏教と気の世界を織り交ぜ解説。

    指圧は型だけでなく、心を教えて始めて伝わるという確信のもと、気心道という修養教育プログラム(?)をつくり上げる。

    素人には見えないもの、万人共通の感じ方が得られないものをいかに開発していくか・・・気・経絡・指圧というテーマで話を進める。

  • 本のタイトル、表紙の写真共に引っかかるが、著者の遠藤氏と飲んだ帰り際にもらった本。

    本当に気さくなお坊さんで、本にもそれが表れてて、ほんわかする。

    タオ療法について、書かれている。
    僕にとっては、遠藤りょうきゅうさんを思い出すツールになってる。

  • 口述体の表現が気になってしようがない。鍼や整体の経絡は同じだがツボはない、という、相手を思いやる気でわかる、という。

全4件中 1 - 4件を表示

遠藤喨及の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする