耳袋秘帖 麻布暗闇坂殺人事件 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.53
  • (5)
  • (9)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479301608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸中後期の幕臣。根岸鎮衛は勘定方を皮切りに、佐渡奉行、勘定奉行、南町奉行をつとめた。刺青奉行といわれるほど、町民とも広く付き合いがあり、若い頃はかなり危ない遊びもしたような赤鬼奉行とも呼ばれるほど。根岸は佐渡奉行時代から珍談、奇談を認め随筆『耳袋』として残し、仲間内で評判となり写本まで作られるほど。あまりに評判を集めたため、差し障りのある話は『秘帖版』として、朱筆した方に綴り門外不出とした。若い頃から、仕事中も、疑問に思ったことや、聞き取ったことなど紙に書いては懐に入れ、何度も考えたりと几帳面で考えることが大好きな人物であったようだ。その耳袋からであろうか?このシリーズは不思議な話を集める上で事件が解決するという、流れで物語がすすむ。
    この赤坂暗闇坂殺人事件は、登場人物も魅力的で、謎解きも洒落ていて、気持ちよく時には吹き出しながらすぐに読めた。シリーズも長そうなので、楽しみに一冊づつ読破しようかと、思わせた一冊!

  • 見立て上手な風野先生
    面白い話を次々と書いてくれる!

  • 耳袋シリーズの第八冊目。根岸と五郎蔵のコンビは今も昔もかっこいい。

  • 耳袋秘帖 第八弾。

  • 08年2刷本

  • シリーズ8作目。若い頃は無茶をしていた(と言われる)根岸鎮衛の人物像がよい。懐深くて。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

かぜの・まちお
1951年生まれ。’93年「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞を受賞してデビュー。主な著書には『味見方同心』『わるじい秘剣帖』『姫は、三十一』『大名やくざ』『占い同心 鬼堂民斎』などの文庫書下ろしシリーズのほか、単行本に『卜伝飄々』などがある。『妻は、くノ一』は市川染五郎の主演でテレビドラマ化され人気を博した。2015年、『耳袋秘帳』シリーズで第4回歴史時代作家クラブシリーズ賞を、『沙羅沙羅越え』で第21回中山義秀文学賞を受賞した。「この時代小説がすごい! 2016年版」では文庫書下ろし部門作家別ランキング1位。本作は著者渾身の現代ミステリーシリーズ第1弾!

「2018年 『昭和探偵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風野真知雄の作品

ツイートする