ムショの中の怖くてオモロイ人々 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.08
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479301936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 刑務所という場所にもやはり人間模様があって、面白おかしい部分や辛い部分があるんだとしみじみと感じた(〃ω〃)
    一昔前の刑務所の内情がよく分かる一冊でした。

  • おもしろい!

    犯罪人てやっぱインテリだなー

    人間馬鹿にすんなよ!!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

石原 伸司(いしはら しんじ)
1938年5月25日 –2018年3月6日
千葉県生まれ。元暴力団山口組系組長だったこともある。
12歳のとき、父が家出。東京の繁華街で浮浪児として過ごし、銀座のナイトクラブのホステスに拾われたと語る。15歳でチンピラとなり、22歳で暴力団構成員に。銃刀法違反、傷害など、刑務所で30年近くに渡り服役。
2001年徳島刑務所で服役後、刑務所手記などを発表していた。2018年3月6日、隅田川にて入水自殺。その後の4月5日、前年の殺人事件犯人として容疑者死亡で書類送検されたことが判明。

石原伸司の作品

ツイートする