自信をつける心理学 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.23
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479302537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パーソナリティの成熟方法をもっと詳しく。

  • イソップ物語の「ウサギとカメ」は、コツコツやれば報われるという教訓ではない、という指摘が目からウロコでした。

    自分をバカにする人に向かってわざわざ自分の価値を証明するべく、間違った所(カメが本来生きる所ではない、山の頂上)を目指して頑張ることは、不安や葛藤による誤った選択であり、せっかく具わっている自分自身の能力を発揮せずに、わざわざ悩みを作り出しているようなものであるから、そのように生きるべきではない、という教訓が一つ目。そして、二つ目は、ウサギのように、他者との比較によってしか自分の価値を確認できないような生き方はするな、というもので、ウサギは足の遅いカメを軽蔑することで自分を救おうとしているものの、逆にそうすることによって悩みの多い生き方へと自分を導くことになるとのこと。なるほどなぁと思いました。

  • なるほど、と思うことも私の思考の癖も書いてあって正しいことを言っていると思った。でも、劣等感にももっと色々種類があるんじゃないのかな。私の「他人に劣っていると感じる意識」は劣等感だけが原因じゃないと思う。まあ、そのなかの一つであることには間違いなくて、それを多少は軽減させることが書いてあったと思う。ぶっちゃけ、劣等感を無くすにはどうするか具体的な行動療法を期待してたので最後はちょっと拍子抜けというか…まあそんなに簡単にいくわけないし。良い本でした。

  • 劣等感について書かれてます。
    コレを読んで、いかに自分の劣等感がつよかったか、
    気づかされました。相手のために。
    気づけただけでも大きな前進と捉えたいです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1938年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顧問(元理事)。ニッポン放送系ラジオ番組「テレフォン人生相談」のレギュラーパーソナリティを約半世紀つとめている。

「2018年 『怒ることで優位に立ちたがる人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自信をつける心理学 (だいわ文庫)のその他の作品

加藤諦三の作品

自信をつける心理学 (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする