汗をかかずにトップを奪え! ~『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾~ (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.25
  • (3)
  • (5)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479302926

作品紹介・あらすじ

「好き」を仕事にするな!資格バカになるな!長期計画なんて時間と労力のムダだ!健全な「先送り」を考えろ!-『ドラゴン桜』の著者が教える人生逆転の仕事術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【感想】
    何度も何度も読んだ本。仕事面でのバイブル。読むたびに、「よし、これからも頑張ろう!」と思える本。
    「所詮仕事」と割り切る姿勢。
    そのような割り切った考えを持ちつつ、目の前の仕事を片付け、結果や評価を追い求める。
    自分自身、このスタイルは本当に心の支えにしている。
    ストレスをためず、仕事そのものを楽しみ、成功への道を歩む為の、この本は大きな道しるべとなる。
    辛い時やモチベーションが下がった際に、これからも何度も読み返したい本。


    【内容まとめ】
    1.世の中は、所詮「正直者がバカを見る」ようにできている。従順にならず疑うことを覚え、自身で打開するしかない。
    2.転職か独立か、それとも「残留」か。どの選択肢を選ぶかによって過ごし方は変わってくる。
    3.転職、起業をする事が大切なのではない。次の一手や、「いつでも辞められる準備」をしておくことが大切だ。
    4.仕事なんてものは、所詮ひまつぶしでしかない。「たかが仕事じゃないか」と割り切ることも大切。
    5.今必要なのは目の前の仕事を片っ端から片付けること。
    →結果を出し、1人でも多くの顧客を掴み、ひとつでも多くの実績を残し、1人でも多くの同僚・上司に「あいつはすごい」と認めさせること。
    6.とりあえず、大声で笑っておけ。笑いには、とんでもない伝染効果がある。
    7.どれだけ多くの仲間に囲まれているか。つまり、どれだけ人生を楽しんでいるかが、最終的な仕事力を決めるのだ。


    【引用】
    p19
    世の中なんてものは、所詮「正直者がバカを見る」ようにできているのだ。
    いくら「こんな社会は間違ってる!」と正論を吐いたところで、世の中は1ミリも動かない。
    エネルギーの無駄遣いである。

    なぜ正直者はバカを見るのか?
    それは、「正直者がバカだから」である。
    正直と言えば聞こえはいいが、要するにそれは従順すぎて、疑うとを知らず、何もかも人任せにしている。


    p36
    日本における成果主義とは、ただ「若い連中の定期昇給を行なわないためのシステム」。
    「中高年の既得権を守るためのシステム」。

    ただベテランというだけで、新入社員の倍以上の給与を受け取る中年達が多いのが実際のところではないか?


    p41
    ・転職か独立か、それとも「第3の道」か。
    第3の選択肢は、あえて現在の会社に残ること。
    ひょっとしたら、今の会社にも何らかの可能性が残されているのかもしれない。

    転職、独立、残留という3つの選択肢。


    p47
    ・独立の「リスク」より「必要条件」を考えろ
    能力に自信のある人間は、どんどん独立すればいい。
    働けば働いた分だけ自分に返ってくるし、煩わしい社内の人間関係から解放される。

    だが、多くの人は独立時のリスクから先に考えてしまいがちだ。
    会社を辞めるリスク、失敗した時のリスク、資金繰り、その他諸々。

    独立にリスクが付き纏うのは当たり前!
    リスクなんて、それ以外でも常に存在する。
    どんだけ頑張っても決してゼロにならない。

    独立の際に考えるのは、「必要条件」だ。
    必要な条件を1つずつピックアップしていくことが大切。
    (殆どの場合、前の会社で掴んだクライアントを持っていく形で、今の仕事の延長線上になる。)

    自分についてきてくれるクライアントを見つけ、しっかり掴んでおくこと!
    人を忘れた独立は、必ず失敗する。


    p53
    転職、起業をする事が大切なのではない。
    「いつでも辞められる準備」をしておくことが大切だ。
    すぐ次の一手が打てるような自分を作っておくことが重要!!


    p59
    仕事なんてものは、しょせん暇つぶしなのだ。
    他にやる事がないから、孤独に耐えられないから、外に出て仕事をしているだけだ。


    p64
    ・半径5メートルの人間関係に悩まずに済む方法
    1.他者から必要以上に好かれようとせず、適度な変わり者になること。

    2.別人格を演じる
    →社内での立ち回りこそが、最大の仕事と腹をくくる。
    誰とも本音で付き合おうとせず、必要以上に理解を求めようとせず、会社用の仮面をかぶり続ける。

    3.「たかが仕事じゃないか」と考える
    →しょせん暇つぶし。真面目に考えすぎない。

    性格を変えずに、「考え方」を変える!


    p72
    ありもしない理想郷を探すな。
    理想郷は、探すものじゃなく自分の手で周囲を改善して作って行くもの。


    p74
    仕事は探せ。職に就いてからも、探し続けろ。
    新たな顧客、新たなマーケット、新たなビジネスチャンスを探し、それを現金化する。
    それが仕事である。

    しかし、自分は探すな。
    必要なのは「自分探し」ではなく、一段ずつ自分を積み上げて行く「自分づくり」なのである。


    p77
    自分が何にストレスを感じているのか?
    難しいテーマだ。
    しかし、ストレスの原因究明は急がないといけない。
    気づかないうちにたまり、気がついた時には手遅れとなり、暴発する。


    p87
    いずれにせよ、今必要なのは目の前の仕事を片っ端から片付けることだ。
    バンバン結果を出し、1人でも多くの顧客を掴み、ひとつでも多くの実績を残し、1人でも多くの同僚・上司に「あいつはすごい」と認めさせることだ。


    p92
    ・まずは会社で出世してみろ!
    本当の意味で会社を骨の髄までしゃぶりつくす唯一の条件、それは出世だ。
    会社の中での発言力を強めて、物事を自分の思い通りに動かす自由を手に入れるには、出世する以外に道はない。

    まず第一に必要なのは「人脈」。
    上司やその上にいる取締役クラスとの個人的な信頼関係。同僚・後輩たちとのつながり。
    有力なクライアントを手中に収めている事。

    第二に、「ムダがない」こと。
    常に全力疾走で忙しく動き回って、成果も上げるが失敗も多い、猪突猛進タイプの人間はあまりリーダーに向いていない。
    それよりも、何事もムダなくスマートにこなすタイプの方がリーダーに向いている。
    勿論、ムダがないということは、雑務と本務の見極め、物事の優先順位の見極めがしっかりできるということ。

    第三に、「敵がいない」こと。
    他者と協調して、他者の力を利用しながら成果を上げていくタイプ。


    p99
    ・上からの信頼を勝ち取るには?
    →なにより、「管理しやすい部下」であること!

    自分や会社に迷惑をかけず、常に平均点以上の仕事が期待できる「確実性」。
    面倒な仕事を率先して片付けてくれる「フットワーク」。
    自分に牙をむくような真似をしない「忠誠心」

    一言でいえば、自分の「便利屋」として働いてくれる部下が最も理想である。


    p127
    ・24時間、常に仕事
    仕事なんてものは人生の暇つぶし。
    だが、そういう軽いものだからこそ、常に頭の中心に仕事がある。

    ON OFFではなく「HIGHとLOW」で考えよう!


    p240
    ・自己満足に陥るな、現状維持に抵抗せよ、自惚れを打ち砕け

    「3つのC」に屈しない
    complacency(自己満足)
    →現状の自分に満足してしまい、順調だと思い込んで、その妨げとならないよう新しいことは何もしようとしない。

    conservation(現状維持)
    →リスクを負う事をやめた企業は、保守的な意思決定を下すようになってしまう。
    企業が保守的になると、今あるものを大きくするのではなく、守る事を前提に決定を下す。
    →リスクを負う魅力。保身に回らない企業は、他者が絶対に立ち入らない事業を試し、そして成功を勝ち取ることができる。

    conceit(うぬぼれ)


    p152
    ・スケジュールは立てるな!
    手帳には「予定」よりも「結果」を書け!
    1日の終わりに今日は何をどれだけやったのか、勉強した内容から時間、わからなかぅたことまで、なるべく詳細に書いていく。
    →「自分はこれだけやったんだ」という自信が湧く。


    p163
    成功への近道は、「こいつと一緒に仕事がしたい」と思わせることだ!


    p167
    ・会社員の「ゴール」はどこにある?
    転職にせよ独立にせよ、それはあくまで自分の目標を実現するための「手段」だ。

    どんな「ゴール」を設定すべき?
    それは、「指名」である。
    指名してくる相手は、会社の「地盤・看板・カバン」ではなく、他ならぬお前さんだけを見ている!

    指名が多ければ多いほど、その人のビジネススキルが認められ、人間性が認められ、仕事力が認められたという証拠なのだ。


    p175
    ・「一緒にいると楽しい」と思われるには?
    とりあえず、大声で笑っておけ。
    見ていて気持ちよくなるくらい、思いっきり笑っておけ。
    笑いには、とんでもない伝染効果がある。

    大声で気持ちよく笑うことができるやつは何故か好かれるし、なぜかまた会いたいと思われ、やがてコイツと一緒に仕事がしたいと思われるのである。


    p188
    ・ときには断って希少価値を高めろ
    指名されれば喜んで引き受ける=便利屋である。
    若いうちは便利屋でいることも重要だが、いつかはそこから抜け出さないといけない。

    「あえて指名を断ってみる」という戦略。
    →「予約でいっぱいの男」というセルフプロデュースでもある。
    自分は引く手あまたであるという事と、断る事もあるということをアピールするのだ。

    人間の心理とは面白いもので、断られたらそこに「希少価値」を感じるようになる。
    押して引いての揺さぶりを掛け、やがて自分の掌の上に相手を乗せるのである。


    p196
    使われるのが嫌なら、使う側に回る。
    騙されるのが嫌なら、騙す側に回る。
    社会のルールに文句をつける前に、ルールを作る側に回る。

    これは自分1人で出来るものではない。
    多くの人の協力、特に多くの有力者の協力があってこそ、可能になるものだ。

    どれだけ多くの仲間に囲まれているか。
    つまり、どれだけ人生を楽しんでいるかが、最終的な仕事力を決めるのだ。

  • 読みやすい文体でスイスイと読了。本来こういった調子の文章は好みではないのだが、まさに文中で「難しいことを難しく表現するのは自分のものになっていない証拠。子供にも分かる表現で説明できて始めて自分のものとなっている」と喝破され汗顔の至り。もっとも心に残ったのが、20~30代の会社員のゴールを独立や出世でなく「指名されること」とした最終章。そして「仕事とは人生の暇つぶしである」という言葉。

  • 「デキるヤツはこんなビジネス塾には来ない」「ビジネス成功法や人生の指南書なども一切読まない」という煽りから、どれだけ尖ったことが書いてあるのかなと思って読んだら、意外とまっとうで、納得できる内容だった。良い意味で予想を裏切られた。

  • こんな本を読んでいる時点ですでにダメなんだって。
    携帯電話が1円で売っているカラクリ、インチキに気が付くことが重要。
    大切なのはいつでも辞められる準備ができていること。そういう人を会社は手放さないから。
    適度な変りものになれば良い。飲み会に行かないとか。
    会社の地盤、看板、鞄を徹底的に使いこなす。これは案外良い。
    戦略的な便利屋を続けておくこと。

  • 少々乱暴な表現が目につくが内容は満足。やり方を間違うな。自分に酔うな。カンフル剤がわりにたまに読みたい。通読レベル1

  • 自分も好きな漫画のひとつである「ドラゴン桜」で有名な漫画家、三田紀房の著書。
    相変わらず歯に衣着せぬ物言いで、我々の固定観念を覆すような達観した持論を展開して、納得できる点が多いので、読んでいて気持ちが良い。
    特に、冒頭で語られている、「正直者は何故バカを見るのか?それは正直者はバカだからだ。」という持論には完全に心を掴まされた。その後、正直者こそ、世の中のルールを知って、自分の考え方・生き方を変革させていけ、と展開していく。
    また、「デキる人間・成功している人間は、こんなビジネス成功本や人生指南書なんて読まない。読んでいる暇がない程、エネルギッシュに活動している。」とこの本の存在自体を否定するものの、それを知って現状認識をすることが重要で、これからが自己改革のスタートだ、とこの本の存在価値を提言する。
    確かに本ばっかり読んでいても、行動しなければ意味が無いんだよなぁ。重々承知しております。

  • 自己改革 現状認識 いつでも辞められる準備 次の一手がうてるような自分 地盤 看板 かばん 骨の髄までしゃぶりつくす 戦略的な便利屋 ハイブリッドカー エンジン 円陣 仕事と作業 予定よりも結果

  • 理想郷ってのは、探すもんじゃなく自分の手で周囲を改善していくものなんだ。

  • TOEIC試験の勉強がひと段落し、ストックされた本を読んだり、
    諸先輩方から助言をいただく2週間を過ごした。
    今は英語以外のインプットの時期。
    今回はこの本を読んでみた。

    「汗をかかずにトップを奪え! 『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾」三田紀房著
    正直、ドラゴン桜はマンガでもテレビでも見ていなかった。
    仕事で親野先生を招聘したときに、ドラゴン桜のエピソードを知ったくらい。
    あと、勝間和代氏のチェンジメーカーにも、エンゼルバンクが引用されていたかな、という程度。

    読了後の最初の感想をまず一言
    「試験勉強も仕事も似ているな」

    以下に抜書してみよう。
    格差の本質を見抜け!:高齢化社会におけるジニ計数の算定方法からすれば当然。
    ダマされている自分に気づけ!・バカな若者が搾取される格差社会
    :中高年の既得権益を守るために若年層の正規雇用を抑制。派遣・パート労働者へ。
      しかも派遣・パート労働者の代替者はいくらでもいる。
    転職か独立か、それとも「第三の道」か :とりあえず会社員を極める。
    仕事とは「大いなるヒマつぶし」だ!! :
    ストレスの原因は小さな嫌悪感。どんな会社にもある。
    【対策1】好かれようとせず、適度に変わり者になり、「変わった次男坊」を目指す。
    【対策2】別人格を演じる。
    【対策3】仕事はヒマつぶし。いちいち怒りを覚えるのもばかばかしい。
         まじめに考えすぎるからストレスがたまる。
         受け入れるものと流すものを分け、自分のペースで働く。
    仕事では健全な「先送り」を考えろ!
    仕事の王道を制してルールをつくる側に回れ!
    使われるのがイヤなら、使う側に回る。
    ダマされるのがイヤなら、ダマす側に回る。
    社会のルールに文句をつける前に、ルールをつくる側に回る。
    最後のゴールは、顧客から「指名」されること。

    ・・・・
    昨年度までと今年度の役割のギャップを受け入れるのに3か月かかった。
    自らの経験だけで蓄積された価値観で、物事を判断し、熟考するとうまくいかない。
    会社・社会・世間・世界のメジャーと、自分のそれは異なっている。
    メジャーが違えば度量衡も異なる。
    現状はベストでないが、次に指名があるまで素振りをして基盤を固める時期と心得る。

  • 立ち読み:2010/8/28

    資格バカは、仕事で成長を実感できないから、資格取得によって表面的な達成感を味わおうとしているだけなのだ、という一文にグサリ。

    しかし、ガテン系でもないのに危険物取扱者とるとか、ご当地検定とってあまつさえそれらを履歴書に書くとか…そんなことする人間が実際にいるのか???

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作に『砂の栄冠』『インベスターZ』など。現在「ヤングマガジン」で『アルキメデスの大戦』を連載中。

「2018年 『ドラゴン桜2(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

汗をかかずにトップを奪え! ~『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾~ (だいわ文庫)のその他の作品

三田紀房の作品

汗をかかずにトップを奪え! ~『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾~ (だいわ文庫)に関連する談話室の質問

汗をかかずにトップを奪え! ~『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾~ (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする