40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.14
  • (17)
  • (67)
  • (105)
  • (40)
  • (13)
本棚登録 : 763
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479303343

作品紹介・あらすじ

40代は後半の人生の、フレッシュ・スタートを切れる10年です。-先を生きている、60代、70代のメンターに教えを請う。20代でやりたかったことを書き出し、先立つ後悔をいましておく。幸せの意味を教えてくれる、パートナーシップと向き合う。苦しくても楽しむことはできる。「正しい」よりも「楽しい」を選択する。-後半の人生をずっと幸せに生きられるかどうかは、今日からの生き方にかかっています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短く、ちょっともやっとしてるときに読むと少し元気になれる本
    総じていうと、人生を楽しむこと、周囲の人、過去の人を大事にすること、あきらめないこと、健康を大事にすること
    常に心がけてるつもりだけどふと気づくと忘れてることばかり…

    "「まあ、いいか」が出てきたときには、「いや、よくない!」と自分にキッパリと言ってみましょう。” 早速やってみよう。

  • 何か答えを得るために読むのでなく自分で考える切っ掛けとなってくれる本。
    40代って今の時代では人生の折り返し地点。自分の棚卸しをする時なのかも。そして自分の大切なこと、得意なこと、できることを見直す。
    家族や友達、八方美人のようだが皆の幸せを祈り、つながりを大事にしたい。それが自分の得意な仕事にもつながる。

    面白かったことー死ぬ前に後悔すること、20代でやりたかったことを書き出して一つでも始めてみる。あきらめない。20代からやりたかった茶道は7月から月イチ始めてみる。
    諦めず勉強はライフワークになりつつあるモノに絞って継続。

    共感したことー健康と時間に投資する。運動を始めて2年程。一部のコトを除いて何事もうまく行っている気がする。それも健康のおかげ。これからは時間だな。毎日トイレ、洗面、キッチンの掃除を続けてこれまた気持ち良く日々送れて調子がいい。お風呂も一面ずつ掃除始めたし。やはり他の家の掃除は人に頼もう。

    人とのつながりが幸せをもたらす。
    息子の受験が終わったら、学生時代の友達や過去に関わった人達のコトが気になり出した。
    今優先しなきゃいけないこと。元気な親と過ごせる最後の10年、巣立つ子供、家族との時間が持てる最後の10年。

    人とのつながり、新たな人と出会うこともやりたいコトの一つかも。
    全く縁のなかった知らない人と出会うって面白い。

    親とのわだかまりも今整理しなくては。亡くなった父とはもうできないけど(笑)生きている母にはできる。
    しかしなぜ私は中学で運動部に入ることをあんなに反対されたのか。本当に虚弱体質だったから⁈聞いてみよう。

  • 見る人によって意見は分かれる
    本やと思うけど、一つでも得るもの
    があったらラッキーと思ってる僕は
    自分史を書いてみただけでもラッキー
    やな。残された時間があまりにも
    少ない事に驚愕出来たから。

  • 心に響くフレーズ
    ① 60代の人からは、40代の可能性は無限に見えます。
    ② 人生でもっと大切な資産は、時間と健康。
    ③ 人は人とのつながりによってしか幸せになれない。

  • 所詮夢で終わるのか実現するのか どのような生き方をすれば目的に近づけるのか 理想までの見えなかった橋がゆっくりとかけられていく感じのする本でした

  • できること、できないことを見極める
    われわれはどこから来たのか?
    何者か?どこへ行くのか?
    自分史を書いてみる
    家族とつながれる最期の10年
    絶対にあきらめない
    正しいことより、楽しいことを選択する

  • 人生の折り返し地点。先のことを考えれるのは、心強いことだと思う。恵まれたことだと思う。

  • ゆっくり静かなときに読むこと

  • 自分の可能性を信じるというのが今は大事かと思った

  • 40代はまだ自分の可能性を追求し、新たなステップを踏み出せる年代。この先の人生を豊かにするうえでも、ここでの学びは極めて重要。一方で精神的な充実も大切。自分のサンキュチュアリを持つことも。結局人生は想い出。子供や家族との時間、今を大切に。健康は最大の資産。

全102件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタル会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」。育児のかたわら、お金と幸せについてのセミナー・講演会などを不定期に行う。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著作シリーズはすべてベストセラー。累計発行部数は、700万部を超え、世界中で翻訳されつつある。

「2017年 『図解 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)のその他の作品

本田健の作品

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする