50代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
2.96
  • (4)
  • (19)
  • (47)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 351
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479303664

作品紹介・あらすじ

人生の後半戦は、50代をどう過ごすのかで決まります。やらないと後悔する「先立つ後悔リスト」をつくり、クリアしていく。自分の人生がスタートした故郷を訪ね、自分のルーツを確認する。人生すべてのモチベーションの源となる、ロマンスを取り戻す。「時間=命」と考え、今日与えられた時間は今日使いきる。「祝福された豊かな人生」にするために、いまできることとは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 50代にして今現実に思うことは健康です。 健康に一番気を付け、自分自身の体を自己管理することの大切さ。 これが一番です。 健康という基礎があってこそ色々なことが実現可能になります。 まず、食事・運動・健康チェックを行います。

    • だいさん
      まさに同感でございます。
      まさに同感でございます。
      2012/10/16
  • 普段あまり考えていない方が考える糸口にはなると思う。
    逆に普段から危機感を持って考えている人には少し物足りないですね。

  • 心に響くフレーズ
    ① 心が軽くなることをやろう。心が重たくなるようなことはやめよう。
    ② あなたが生きた一番の証は、あなたの才能を形にして、この世界に残すこと。
    ③ 嫌なことはやらない。

  • 好きなこと楽しいことをやる\(^_^)/

  • 遠い話じゃない。きっと、あっという間に来ること。

  • 40代に続いて読んだが、新しい発見は半減か。ただ、やはり人生は想い出や、常に心にワクワクや感動といった好奇心が大切と学ぶ。お金では何も買えないと知る。

  • ●50歳代にとって、「健康」と「時間の使い方」の重要性が再確認できる本。

    ●このシリーズには、各年代ごとの本が出されているようなので、この著者の本であれば、たぶんどの年代の本でも参考になる内容だと思われる。

    ●以外と大和書房の文庫には、三笠書房の「知的生きかた文庫」と同様の知的好奇心をくすぐられる本が多く、好感が持てる。

  • <span style="color:#0000cc;">人生の後半戦は、50代をどう過ごすのかで決まります。
    ◎やらないと後悔する「先立つ後悔リスト」をつくり、クリアしていく。
    ◎自分の人生がスタートした故郷を訪ね、自分のルーツを確認する。
    ◎人生すべてのモチベーションの源となる、ロマンスを取り戻す。
    ◎「時間=命」と考え、今日与えられた時間は今日使いきる。
    「祝福された豊かな人生」にするために、いまできることとは-----。</span>

    <<目次>>
    ?残りの人生でやりたいことを決める
    ?不義理をする
    ?消去法で決める
    ?昔の友人に連絡をとる
    ?故郷を訪ねる
    ?愛を育む
    ?家族との軋轢を解消する
    ?ロマンスを取り戻す
    ?お金の計算をしておく
    ?趣味をライフワークに進化させる
    ?健康と向き合う
    ?時間=命と考える
    ?自分は何をのこせるか考える
    ?羽目をはずしてみる
    ?20代の友人をもつ
    ?本音で生きる
    ?とことん楽しむ

    =====

    思ったより、軽い内容でした。(汗)仕事、お金の話以外は、もうやっている感じでしたねぇ。ということは、自分の人生は、まぁぼちぼち出来ているってことなんでしょうねぇ。(笑)

  • 「読む本がなくなった」と言うてたら友だちが貸してくれた1冊。
    書いてある内容は、今まで読んできたり学んできたことの振り返り的なものが多かったが、知っているからといって出来ているかどうかはまた別の話。
    目新しいことが書いてなくても、当たり前のことが当たり前に出来ているかどうかが大切なのだと思う。

    自分のやりたいこと、やるべきことを本当にやれているか?やらなくていいこと、やりたくないことに時間や労力を割いていないか?
    何度でも見直していくことが大事。

    それにしても、俺の歳って、もういつ死んでもおかしくないんだなぁと思わせられる。腹をくくれているか?見えていない残り時間を有効に楽しんでいるか?

    自問自答、答えは自分の中にしかない。

  • 題名そのまま50代にしておきたいことが17提言されています。 
    右肩上がりだった人生が50代という峠を越え下り坂へと向かい始める。 
    終わりを考えつつ「人生を楽しむ」示唆に富んだ提言がされています。 
    60代以降の長い人生の段取り期間としての50代。 
    時間=命と考えて過ごしていきたい。 
    ☆3つ(2.5)

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタル会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」。育児のかたわら、お金と幸せについてのセミナー・講演会などを不定期に行う。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著作シリーズはすべてベストセラー。累計発行部数は、700万部を超え、世界中で翻訳されつつある。

「2017年 『図解 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

50代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)のその他の作品

本田健の作品

50代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする