強運を呼び込む51の法則 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.79
  • (6)
  • (13)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 162
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479304159

作品紹介・あらすじ

なぜ、運のいい人と悪い人がいるの?運は、後天的に身に付けることができる!世界の成功者と接するなかでつかんだ、「運をよくする秘訣」を伝授。人生の「新たな扉」を開くヒントが満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 運は自分自身で操れるということがわかった。

  • 強運について知りたくて読書。

    強運は偶然に訪れるものだけではなく、その偶然も呼び寄せることができる。

    口にする言葉を意識し変え、思考を変え、行動を変えていく。

    幅広い人間と付き合う。
    人を助けることを目標にする。
    強運なメンターを持つ。

    運が悪い人や反省や自己分析が弱いポジティブ過ぎる人とは現実的な距離を保つ。
    運が悪い人でも知り合いやお世話になった人は助けることで強運を呼び込める。

    世話になった人を忘れない。

    読書時間:約30分

    • びあしん慶次郎さん
      だいさん、
      コメント有り難うございます。

      世話したことは忘れるとも言えますね。
      だいさん、
      コメント有り難うございます。

      世話したことは忘れるとも言えますね。
      2016/05/25
    • だいさん
      びあしん慶次郎さん
      こんにちは
      それは あたりまえに(受益者にとって)影響のある行動がとれるということだと思います
      人間がワンランク...
      びあしん慶次郎さん
      こんにちは
      それは あたりまえに(受益者にとって)影響のある行動がとれるということだと思います
      人間がワンランクアップしたのじゃないですか
      2016/05/26
    • びあしん慶次郎さん
      だいさん、
      ぜひそうでありたいですね~。
      だいさん、
      ぜひそうでありたいですね~。
      2016/05/26
  • 分かりやすい言葉だからこそ、じっくり噛み締めて読むべき本。「自分らしい人生を生き、才能を分かち合い、縁のある人と最高の時間を過ごすこと。」

  • 良い流れがめぐって来たとき少しでも長く流れにのっていられるように。
    人に幸せを分けれるように。

  • あっという間に読めて、内容も「うんうん、そーだよな」と思える内容です。

    「運」がいい人は実際に何をやっているのか?を著者の選りすぐりの人脈からのリサーチやインタビューをふまえてまとめられています。

    「運」を高めるには?「運」が良くなるには?その具体的なコツが読みやすく分かりやすく、実践的な内容で書かれています。

    自分の「運」についてもっと知りたい人、「運」の仕組みを理解したい人、そして、実際に「強運」になりたい人にお勧めの一冊です。

  • 運には波がある。使命感、祈りは大切。

  • 運の話じゃない気がする。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

作家。神戸生まれ。
「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。
4500万ダウンロードの大人気のインターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」の他、2014年からは世界を舞台に講演をスタートさせるなど、自分がワクワクすることを常に追いかけている。
著書に『ずっとうまくいく人の習慣』『やたらとお金が貯まる人の習慣』(以上、三笠書房《王様文庫》)、『一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money』(フォレスト出版)、『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(以上、大和書房)、
翻訳書に『一瞬で自分を変える法』(三笠書房)など。累計発行部数は700万部を突破している。
2019年6月にはアメリカの出版社Simon & Schuster社から、初の英語での書き下ろしの著作「happy money」をアメリカ・イギリス・オーストラリアで同時刊行。同作はヨーロッパ、アジア、中南米など、世界40カ国以上の国で発売されることが決まっている。

「2019年 『なぜ、あの人はいつも好かれるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本田健の作品

強運を呼び込む51の法則 (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×