「悩みグセ」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.16
  • (1)
  • (13)
  • (17)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 130
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479304197

作品紹介・あらすじ

「悩んでもしょうがない」と言われても、悩んでしまう。考えても無駄だとわかっていても、考えずにはいられない。そんなモヤモヤ、イライラがスーッと消えて、こころがふわっと軽くなる「考え方」を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・甘えられる人と甘えられない人の差はベーシックトラストがあるかどうか。人は甘えることが必要。p94
    ・嫌われない人間は誰にも好かれない。自分の欠点をなくしていく生き方は大成しない。成功するのは長所を伸ばしていくタイプ。完全を目指すひとは他人に嫌われることを恐れる。だから、欠点をなくし嫌われないように努力する。他人の顔色をうかがうよりも自分の意見を持つほうが、少なくとも特定の人には好かれる。p146
    ・幼い頃から愛情をかけられた人間は性格もいい。無条件で愛され、いつもほめられ、期待されてきたからである。美人だから親が愛したのではなく、彼女の存在そのものが、親にとって喜びだったから。よちよち歩きをはじめればほめられ、転んだといっては親は喜び、幼稚園のお遊戯が上手だとほめられる。その結果、他人の好意を素直に受け止められる人間に成長していく。その逆は、容姿を褒められて育った子。姉妹の例。自分がほめられているのではなく、自分の美しさだけがほめられていると思う。p194
    ・苦手なことをするのではなく、長所を伸ばす。欠点のない人間より長所が光っている人間のほうが心をつかむ。p204

  • 20140128
    今回はさほど心にグッとくるものがなかった。
    つまり、私の心が平穏なんだと思う。
    悩んでもイライラもしていない時期なんだ。

    あきらめない、くらべる、がんばりすぎる、がいつもの私であるから、
    あきらめる、くらべない、がんばりすぎない、で心をゆったり持ちたい。

  • 自分の為に書かれたかのような一冊。著者は精神科医でもあるので、治療してもらったかのような気持ちになった。
    特にグレーゾーンを作るのは、自分にとっては難しく、とても参考になった。
    考えが凝り固まっている人に読んでもらいたい一冊。(蔵書)

  • ・あきらめる
    ・くらべない
    ・わかってくれると思わない
    ・嫌わない
    ・がんばりすぎない
    ・すぐに謝る
    ・自分も他人もほめる
    ・白黒つけずグレーで行く
    ・1週間に3つ楽しみを見つける

  • レビュー省略

  • やり方を変える、真似る

  • 何をするにもうまくいかなくて自分は心底ダメな人間だ、と絶望しているときにそういう時は本を読もうと思って手に取りました。
    タイトルにあるように私も悩みグセがあり、それで動けなくなる性格です。分かってるんだけど動けない…。

    まだ読んでいる途中ですが、徐々に自分の感情をコントロールすることができるようになっていると感じます。

    私が一番読んでいてハッとした所は、満点を目指さないということ。
    どうしてだか完璧主義を目指してしまっては理想の結果を得られず、やっぱり自分はだめだと落ち込むことが多いのですが、その項目を読んだら少し楽になりました。やりたいことはたくさんあるから、ひとつのことを頑張りすぎないで肩の力を抜いて生きていきたいです。

  • 気になるところをつまみ読み。
    職場の人間関係に悩み、購入。
    「あきらめる、理解してくれないと思わない。」などの項目。どれも悲しいかんじがするけど、内容は終始前向きでした。

    *自分を相手をほめてほめてほめまくろう。
    *周りが嫌なとき、一番自分が嫌な奴。
    *週に3つお楽しみをつくる。
    .

  • 「悩んでもしょうがない」と言われても、悩んでしまう。考えても無駄だとわかっていても、考えずにはいられない。そんなモヤモヤ、イライラがスーッと消えて、心がふわっと軽くなる「考え方」を紹介。(背表紙より)

    はいはい、なるほど、と思うことばかりでした。あるある~ってこともいっぱいで。なかなか難しいんですけどね、書いている通りにはきっとうまくいかない。でもそっちを向いて進むというのは大事だと思います。

  • わかっている内容を改めてつきつけられた様な感覚。
    こうやって忘れていた感覚をもう一度呼び覚ます様な本に出会えてよかった

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

「悩みグセ」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)のその他の作品

「悩みグセ」をやめる9つの習慣 単行本(ソフトカバー) 「悩みグセ」をやめる9つの習慣 和田秀樹

和田秀樹の作品

「悩みグセ」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする