50歳からの心を「ゆるめる」教え~人生を楽しむ"執着"の手ばなし方 (だいわ文庫 D 332-1)

著者 :
  • 大和書房
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479306160

作品紹介・あらすじ

「あきらめる」の本当の意味は、やるべきことを"あきらか"にすること-。人気のお坊さんが教える、人生を身軽に歩く方法。生きがい・人付き合いがふしぎと充実する秘訣!

著者プロフィール

1958年、東京都江戸川区小岩生まれ。元結不動密蔵院住職。真言宗豊山派布教研究所研究員。豊山流大師講(ご詠歌)詠匠。大正大学を卒業後、英語教師を経て、25歳で明治以来住職不在だった密蔵院に入る。仏教を日常の中でどう活かすのかを模索し続け、写仏の会、読経の会、法話の会など、さまざまな活動をしている。著書に『心が晴れる知恵』(清流出版)、『感性をみがく練習』(幻冬舎)などがある。

「2019年 『いちいち不機嫌にならない生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

50歳からの心を「ゆるめる」教え~人生を楽しむ"執着"の手ばなし方 (だいわ文庫 D 332-1)のその他の作品

名取芳彦の作品

50歳からの心を「ゆるめる」教え~人生を楽しむ"執着"の手ばなし方 (だいわ文庫 D 332-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする