マンガみたいにすらすら読める哲学入門 (だいわ文庫 B 344-1)

著者 :
  • 大和書房
3.08
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 77
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479306344

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか、簡単なことを小難しく言いたくなったので哲学の本でも読もうかと。

    でもいきなりプラトンの饗宴とか読むと爆死するのは確実なので哲学史を簡単に振り返った本を読んでみました。

    紀元前のギリシアで発展した哲学。
    「なぜ太陽は昇るのか?」
    「人は死んだらどうなるのか?」
    「人はどのように生きるべきか?」 科学未発達の時代に「なぜ?」に答えるために生まれたのが哲学。

    しかし、キリスト教の出現により教会の権威を高め、補強するために利用され暗黒時代を迎える。

    1,000年以上続いた教会支配も腐敗により衰退。

    ギリシア時代の哲学が再発見され自由や解放運動の旗振り役として復活。

    戦争などの暗い時代久を経て、フロイトやユングよって心理学の発展に貢献した。

    ざっと流し読みでこんな感じで理解した。

    じゃあ個別に名の知れた哲学者の本を読むとして、過去から現代に読み進めるか、現代から過去に遡るか、大いに悩む。

    正直、どの哲学者もあーだこーだ悩みすぎてて読む気にならない。

    簡単なことを小難しく言う気が失せたということ(笑)

  • これ、高校生が読んだら、結構いい。早めに出会いたかったなぁ。

  • 2018年1月14日に紹介されました!

  • マンガみたいにすらすらよめなかった哲学書でした。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

愛媛県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。現在、代々木ゼミナール公民科講師として、「現代社会」「政治・経済」「倫理」をすべて指導。最新時事や重要用語を網羅したビジュアルな板書と、「政治」「経済」の複雑なメカニズムに関する本格的かつ易しい説明により、センター試験受験者から早大を中心とする難関大学志望者まで、あらゆるレベルの受講生から「先生の授業だけは別次元」という至高の評価を受ける。受験参考書のみならず、一般書『やりなおす経済史』『マンガみたいにすらすら読める哲学入門』など著書多数。

「2018年 『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マンガみたいにすらすら読める哲学入門 (だいわ文庫 B 344-1)のその他の作品

蔭山克秀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中正人
リンダ グラット...
ピエール ルメー...
サンキュータツオ
エラ・フランシス...
トーン テレヘン
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガみたいにすらすら読める哲学入門 (だいわ文庫 B 344-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする