ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)

著者 : 山口路子
  • 大和書房 (2017年10月12日発売)
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479306726

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かっこいい名言が多い。決して真似はできないけど。自分らしく生きようと、思える本

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    『たくさんの色を使えば使うほど、醜くなるというのを、女たちは気づかない。(P114)』
    『醜さは許せるけど、だらしなさは許せない。(P42)』
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    私の対極にいる人。
    自分にはできないから、悔しくて羨ましい。
    グサグサ刺さってくるから、側にいて欲しくないけど、手元に置いておきたいそんな本。

    きっと近くにいると、すごく苦しくなって、でも憧れる。気高く厳しくそして、素直でかっこいい、そんな方。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    『仕事のための時間と恋愛のための時間がある。それ以外の時間なんてあるわけがない。(P60)』
    『彼は私の人生に舞い降りた最高の幸運だった。(P66)』
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    彼女の仕事も恋愛も生き方も潔くて憧れます。

  • 立ち読みで一気に
    シャネル好きなんですが、何が好きって生き方が好き
    名言と共に一生を振り返る

  •  (著者に対しても、シャネルに対しても)「それは違うだろう」と思ったり、呆れてしまったりするところがポツポツとありましたが、ガブリエル・シャネルの凄さがわかる書籍でした。
     だいたいにおいて、本は1日数ページずつしか読まない私ですが、この本は2日間で一気に読みました。
     感化されて、№5を購入しました。



     しかし、彼女が成功できたのは、そもそも金持ちの愛人になれるくらい美人だったからだよなあと思います。当時、痩せた体は美しくないとされていたとはいえ……
     顔が美しかったからこそ、痩せた体はスタイリッシュだと思わせることができたと思うのです。ブスだったら、「ブスな上に体まで貧相」で終わりです。
     彼女の傲慢な生き方も、才能のある人間だからこそ映えるものです。
     ブスで才能もない私にはあまり役に立たない本かもしれません。読んで良かったとは思っています。しかし、勘違いして真似する人間がでないことを祈ります。

  • 『ココ・シャネルの言葉』(著:山口路子)

    読了した本がたまっています・・・

    付箋部分を抜粋します

    ・「退屈よりも大失敗を選んだの」(p11)

    ・「嫌い」という感情を重視し、「嫌い」なものを自分の周りから、自分の人生からなくすことに
     エネルギーを注いだのです(p17)

    ・けれど人生には、いま自分がもっているエネルギーを総動員して勝負に出なければならない、そうしなければどうにも
     ならないシーズンもまた、あります(p199

    ・努力してなんとなかる分野に努力しない人を彼女は、強く軽蔑していたのです(p43)

    ・女性は強さではなく、弱さを楽しまなくては(p44)

    ・くよくよするにもエネルギーを使うのだから、そのエネルギーをほかに回したほうがよい、というのがシャネルの意見(p89)

    ・「女の幸せは愛されることにある。女は男に愛されてこそ、幸せなのだ。男に愛されない女など、何の価値もない」(p95)

    ・「本当の贅沢は裏にある、贅沢とは表に表れないものなのだ」(p107)

    ・人は非常事態のなかで才能を表すものだ(p134)

    ・誘われればどこへでも顔を出し、最後までその場に残る人に、魅力的な人は少ないものです(p147)

    ・人がなんて言おうと平気。コレクションが終わったときは、自分が全力を尽くしたことで私は満足だから(p158)

    ・私は、私の人生を作り上げた。なぜなら、私の人生が気に入らなかったからだ(p170)

    ・私はこうなりたいと思い、その道を選び、そしてその想いを遂げた。
     そのためにしたことで、人に嫌われたり、いやな女だったとしても、しかたない(p192)

    ・退屈していたの。それに気づくのに十五年かかった。無よりも失敗を選ぶわ(p202)

    ・自分の選択に疑問を抱いたりもしたでしょう。けれど結局のところ、自分の選択は自分で引き受けるしかないのです(p205)

    ・人が何を残せるのかといえば、人生のなかで何を考え、何を愛してきたかということだけ(p208)

  • 力強く美しいココ・シャネルの生き方がとてもかっこいい。一気に読み終わったけれど、この短時間で彼女の人となりを知ることができる。

  • とにかくシャネルは素晴らしい。昔から大ファンです。

全9件中 1 - 9件を表示

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)のその他の作品

山口路子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ひすいこたろう
恩田 陸
伊坂 幸太郎
ヴィクトール・E...
伊坂 幸太郎
平野 啓一郎
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)はこんな本です

ツイートする