環境問題、 ウソとホントがわかる本

著者 :
制作 : 杉本 裕明  杉本 裕明 
  • 大和書房
2.63
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479391845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00507268

  • 何が正しくて、何が間違ってるのか、ますますわからなくなりました。
    まぁ、世の中に正解はないのでしょうね。

  • 割り箸はもともと端材でつくられたエコアイテム
    プラスチックはもともと「燃えるごみ」
    ペットボトルの再利用は、最初からペットボトルをつくるより多くの石油を必要とする資源の無駄遣い
    ミネラルウォーターでなく水道水でいいじゃん

  • 結局何正しいのかはあまりわからないが、テレビなどで言われる環境問題への取り組みや一般常識になっているようなエコ活動などを鵜呑みにはしていけないという事がわかった。

  • 「常識」にとらわれずに環境問題を知ることができる本。巻末の「エコ力検定」で力試しをしてみては。【請求記号:G519||K 】

  • タイトル通りにはウソとホントは分からないということが分かった。
    コスト、全プロセスでの化石燃料の消費、環境への影響、ゴミの発生、他への影響(メリットも)、活動の効果、実績、持続可能性など、環境問題を考える観点は理解できた。
    エコビジネスのキャンペーンを鵜呑みにするのではなく、なぜそうなのか、どの程度のインパクトをもつのか、実態はどうなのかという問題意識を忘れないでいたい。
    09-09

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1985年設立の企画・編集会社。編著となる単行本は年間30数冊。おもな編集制作物に『プロレス語辞典』、『プロレスラー 伝説のビッグマウス!』、『最強のプロレス技読本』、『神奈川ドリル』など。

「2018年 『ザ・プロレスドリル100』 で使われていた紹介文から引用しています。」

造事務所の作品

ツイートする