いつだって今だもん ~谷川俊太郎ドラマ集~

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 谷川俊太郎
  • 大和書房 (2009年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479391968

作品紹介

谷川俊太郎のアナザーワールド、4つの未知な世界へようこそ。

いつだって今だもん ~谷川俊太郎ドラマ集~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書を手に取るまで、谷川俊太郎さんがドラマを書いていたのを知らなかった。ここには4つのシナリオが収録されているが、最初の2篇「いつだって今だもん」と「部屋」は、いずれも簡素な舞台装置で、安部公房のお芝居を思わせる、ちょっとシュールな味わいのもの。また「じゃあね」は、テレビドラマとして書かれているが、主演の老人2人が田中絹代さんと笠智衆という最高のコンビ。2人のひたむきな演技が偲ばれる。この同じコンビでは倉本聡さんの『幻の街』もあるが、テーマといい主演といい、この作品に触発されて書かれたのではないだろうか。

  • 先日見に行った劇の台本でした。

    わざと,せりふ飛ばしてた????
    飛ばすと,余計内容が難解になるじゃん

  • 「部屋」がすき
    芝居として、やってみたいなぁと思った

  • 谷川俊太郎だと思うと表現は物足りないかも。

    内容的には、深いような案外あっさりしているような。
    それを普段詩で提示されていると、今作は文字数の割に単純なことだなと肩すかしをくらってしまったり。

  • 素敵

全5件中 1 - 5件を表示

谷川俊太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

いつだって今だもん ~谷川俊太郎ドラマ集~はこんな本です

ツイートする