さびない生き方

著者 : 藤原和博
  • 大和書房 (2010年11月20日発売)
3.58
  • (4)
  • (14)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • 111人登録
  • 16レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392071

さびない生き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近読んだ本ではベストかな?参考になる点多数。まずは一人ずつ自己紹介から始める会議!成功の条件は一万時間の練習!ピーターの法則を読め!相手の物語に耳を傾ける、あらゆる会話で個人的なことを聞く、ここで私と会うまでの人生を5分以上で語って下さい!関係者へのマメな報告を心がける!途中報告をしないヤツとは仕事をしない!人のことは思いっきり持ち上げる!ルールを守るだけなら猿でもできる!情報処理力ではなく、情報編集力をつける!

  • 1万時間の法則はもう何度も読んだけれど、狙いどころをミスるとそれこそリスクだよなぁと思い続けたままもう30歳になってしまう・・・。

  • 戦略的人生設計のための41の方法 ―
    http://www.daiwashobo.co.jp/book/b90487.html

  • 10年後の自分のために1万時間を割け、チャレンジャーには手を差し伸べてくれる人がいるなど、気持ちを後押ししてくれる言葉満載。さびないように生きようと思う。

  • 東京都初の民間人校長の著者の考え方をまとめた本書。
    さびない→周りの人にサプライズを与え続ける、というのは非常に参考になりました。また、2流の1番を目指す、ということも共感できます。著者の特殊事情も多分に含まれた生き方であり、好き嫌いがあるかと思います。こういう生き方もあるんだなぁと思いました。

  • 詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=9906

  • 元リクルート、前杉並区立中学校長、大阪府知事特別顧問だけあって考える力が斬新奇抜だ。一流になるには何でも約1万時間が必要(「天才!成功する人々の法則」マルコム・グラッドウェルより)。肩書きや年収があまり高いとやりたくない仕事でもしなければならなくなるし、背負わなくてもいい責任も肩にかかってくるため、自由度は奪われる。昇進させられて無能になるなら自分を安く売るのも知恵。無駄な付き合い、何となくの関係、出来ないこと、好きでもない趣味、他人の目等のしがらみを捨てる。人生のリストラで自分のコア(核心)を見つける!

  • ◎毎日1個、いや、週に1個でも良いから、自分の周りにサプライズを与える。サプライズとはいっても、良い意味での裏切りや、ちょっとした気遣いのこと。
    ◎人生は「1万時間」で決まる。ニッチな分野で1番を目指せ。
    ・40歳までにやってきたことが、人生の背骨となる。
    ・前例主義の生き方を捨てて、「二流の一番」を目指せ。
    ・自分の技術で月収50万以上を稼げる人間になれ。
    ・自営業者の意識で、自分自身の人生をリストラせよ。
    ・上司があなたの成長に無関心ならば、さっさと辞めろ。
    ◎お金じゃ買えない仲間を増やせ。
    ◎人と反対の道に踏み出せ。
    ・なんでも「100回!」を合言葉にしろ。
    ・「パクる」ことに照れるな。
    ・「是非やりたいこと」ならタダでも飛び込め。
    ・迷ったら、人生が面白くなるほうへ動け。
    ・ニッチで稼いでいる人を穴が空くほど注視しろ。
    ◎現実を突破する仕事のテーマを探し出せ
    ◎マイ哲学を武器に、よのなかを切り拓け
    ★いつもながら、藤原さんの言葉には心を揺さぶられる。長い間同じ仕事をしていると、「このままの方が楽かなぁ…」なんて思う瞬間もあるが、予定調和の仕事や人生が、いかにつまらないかを指摘してくれる。
    ★毎日、エネルギッシュに生きたいと思わせる一冊。1日1日の中でできることは山ほどある。あとは、自分がそれをやるかやらないか。迷ってる暇があったらやってみる!

  • さびない>ポイントは、毎日1つのサプライズを、あなたの周囲に与えることです。

    二流の一番になることを第一に考えよ

    「ピーターの法則」「つなげる力」

    つなげる力>ああ、今日はつながったなあ。相手の物語に耳を傾けよ。

    「言わなくてもわかるだろう」と思うな。

    失敗を繰りかえす>人は失敗談を聞くのが大好き>協力者を引き寄せる>その失敗を面白おかしく語る技術とセットで学ばないと駄目ですよ。

    つなげる力>情報編集力

    消費者のままでは一円の利益も生まない。

    上手く運営されている「学校支援地域本部」のスタッフの特徴は、「子供好きの教えたがり」ではなく「仕事好きの学びたがり」だからです。学びたがりが子供へ伝染

    よのなか科>ニューハーフ、離婚経験者、ホームレス等々

    迷うことが出来るのは幸福だといえるでしょう。だって世界には迷える自由さえない人が何十億人といるんですから。

    事象と向かい合うほど、人生の醍醐味は増す

    子供に育ててもらえ>結論から言って「子は、親を育てます」

  • まず、何をしないか、を決める。何をするかを決める前に。
    逃げる、避ける、断る、減らす、止める。
    引き継ぎの時は自己紹介でなく他己紹介で。互いの付加価値をつけて紹介すべし。

全16件中 1 - 10件を表示

藤原和博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
マルコム・グラッ...
藤原和博
落合博満
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

さびない生き方を本棚に登録しているひと

ツイートする