脳を使うのがうまい人、ヘタな人 ~東大教授の世界一わかる脳の授業~

著者 :
  • 大和書房
3.23
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392149

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 428

    2017年では62冊目

  •  脳科学における、さまざまな現象について具体的な脳の部位や化学物質といった点から説明しています。
     例えば「人間の脳は、10%程度しか使われていない」と言われることがありますが、本当にそうなのか?といった一般的に考えられている脳科学の疑問について触れているので化学などが苦手な人でも読みやすくなっています。

  • 読んでて分かりやすくおもしろい

  • 前著とネタがずいぶんかぶっているような。。。
    あと、左右脳や男女脳など、「科学的に証明されていない」からそんなものはない、というのはちょっと違うのでは(証明されているからある、とはいえても)

  • 【レビュー】
    左脳型・右脳型がないなど、人口に膾炙している誤った知見を論駁してくれている本書は、いろいろためになる情報がオンパレード。DNAやシナプスなどについてもとてもわかりやすく書いているので、一読の価値あり。しかし、テレビの効用などについては賛同意見を述べているが、これは左脳型と同じく眉唾なんじゃないかとも思うので、★をひとつ減らして四つ。
    【特記事項】
    ・楽しいときには脳内にドーパミンが出ている、というのはたぶんそうだろうというレベルで確証されてはいない。
    ●左脳と右脳の違いは、極論すれば、言語野があるか否か、これに尽きる。
    ・酒井邦嘉先生:誰が、何を、どうする、という文法を規定している個所を発見した東大の先生。
    ●脳が左右に分かれているのは、眼が左右に2個あるためであろう。
    ・女性のほうが脳梁は太いが、だから意味があるとは思えない。
    ・脳トレには効果がある。しかしそれは暗算・暗記というそのゲーム特有能力の向上という意味で。
    ・プロポリス配合、とうたう商品があるが、人参を食べるほうがよっぽど吸収できる。
    ●IQテストの最高得点は160点程度。IQ180とかはうそ。
    ・たばこやコーヒーを取ると頭がさえるというのは分子生物学的に本当。
    ・1つのニューロンは1つの神経伝達物質しか出さない。
    ●記憶にかかわる神経伝脱物質:グルタミン酸。グルタミン酸受容体には3種類あり、AMPA型、カイニン酸型、NMDA型。重要なのがNMDA型。NMDA型受容体は2種類のたんぱく質4つから構成されるが、1と2と名付けると、2にはさらに2種類あって、子どものときは2B、大人になると2Aに変わる。2Bのほうが記憶力が良い。
    ●しかし、環境にもかなり影響される。
    ●ブロッコリーなどを苦い、と感じる人がいるが、それは遺伝的な問題で、舌にある味覚器官に関係するたんぱく質T2R38の49番目、262番目、296番目のアミノ酸が特定の構成になっている。
    ●自閉症の原因か?FOXP2
    ・DNAのらせん構造を発見したワトソンは、自身のDNAが11の疾患遺伝子を持っていた。→遺伝子にそれがあるか、ももちろん重要だが、それが発現すかしないかも重要。
    ●うつ病に効く薬はすべてセロトニンが関係している。
    ・リウマチ治療として使うステロイドの副作用として、どうもうつになりやすいらしい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1950年、石川県生まれ。東京大学教養学部卒業。同大学院理学系研究科博士課程修了。国立精神・神経センター神経研究所、東京大学分子細胞生物学研究所、同大学院総合文化研究科教授を経て、現在は東京大学名誉教授、同志社大学生命医学部特別客員教授。一般向けの書籍を多数執筆している。おもな著書に、東京大学超人気講義録シリーズ(羊土社)、『遺伝子が明かす脳と心のからくり』(だいわ文庫)、『老いを遅らせる薬』(PHP新書)などがある。



「2017年 『効かない薬・効く薬 薬の見分け方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石浦章一の作品

ツイートする