東京スカイツリーに男泣き!

著者 : 見ル野栄司
  • 大和書房 (2012年5月17日発売)
3.21
  • (0)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 57人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392279

作品紹介

『シブすぎ技術に男泣き!』の著者が世界一の高さを誇るタワーのとてつもない技術と魅力に迫る、傑作コミックエッセイ。

東京スカイツリーに男泣き!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 431

    2017年では65冊

  • このシリーズはおもしろい。
    技術屋魂が感じられます。

  • 確かにスゴイ技術なんですけれど
    スカイツリーを建築中に見に行ったり(開業してからはまだ)、
    テレビで紹介されていたり、
    と先に(物によってはもっと詳しく)知ってしまっていた技術が多かったので
    いつもの、レア物の技術紹介の方が面白いです。

  • 「シブすぎ技術に男泣き!」の見ル野栄司さんによるスカイツリー特集本。
    この人の本、何冊か持ってますが結構好きなんですよね。
    絵やお話作りはそれほど光るものが無い人なんだけど、ついつい、 日本の技術に男泣き! ・・したくなるような、熱い工業技術の紹介が上手いんだよなぁ。
    興味無い人は興味無いけど、好きな人はとことん好きなジャンルですね!!

    スカイツリーの技術紹介はもちろんスカイツリーグッズ、スカイツリー関連イベントの参加レポ等々。
    なんとなーくスカイツリーの事を知れる本です。
    スカイツリーの事を真面目に調べたい人には向かないかもしれませんが、特にそんなに興味が無い人にこそオススメですね!
    スカイツリーを見上げるのが、ちょっと楽しくなっちゃうぞ。

    巻末のスカイツリークイズ大会(架空)もわかりやすくスカイツリー豆知識満載で良いですね!


    スカイツリーの入場料はおリッチすぎてなかなか行く気が起きないのですが、ソラマチに行くついでにでも見上げて楽しもうと思います。(笑

  • 改めて考えてみると、
    スカイツリーって、すごく色々計算されて
    色々な工夫があって、考えられて作られているんだなあ。
    考えてみれば、高いもんなあ。
    あんまり登ってみようとは思わなかったけど
    このマンガを読んで、やっぱり技術の結集だから
    登ってみようと思った。

  • 職人の粋と商人の下世話が良くも悪くもミックスした建造物

  • スカイツリーがどのようなできているのか、ざーっと知るにはよくできた本かと思います。詳しく作り方を知りたいなら、別の本をオススメします。

  • 題名そのままの内容で、スカイツリーがどのように出来上がったのか。
    技術的に大変だった、という話から、どんなお土産があるか
    キャラクターの事、など色々です。
    漫画が終わった合間合間に、ちょっとした文章もついてます。

    スカイツリーに詳しくなりたい、とか
    ちょっとした謎が知りたい、とかには
    いい内容かもしれません。
    後ろの方には、架空のクイズ大会も模様されていたりで
    どこに行きたいw という感じが…。
    しかも、回答者。
    最後には突っ込みたいです。

  • 526.54 ミ 登録番号9146

  • 見どころやお土産グッズやクイズも満載で、スカイツリーに行きたくなります。
    工法、照明などの凄い技術やアイディアにひたすら感動。
    そして夢のようなツリーを作り上げた人びとの力の結集に私は女泣き!
    カッコイイです。見ル野さんのマンガも面白かった。

全13件中 1 - 10件を表示

見ル野栄司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
おかべ たかし
朝井 リョウ
大野 更紗
井上 純一
佐々木 圭一
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

東京スカイツリーに男泣き!はこんな本です

ツイートする