僕の場所

著者 :
  • 大和書房
3.70
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392576

作品紹介・あらすじ

大好きだった土地の想い出、忘れることのできない言葉、建築への目覚め、鋭く研ぎ澄まされた感性、数々のプロジェクトに込められた想い。既存の枠組みに果敢に挑戦する創作姿勢は、いかにして形づくられたのか-。自身が語る、思想と行動の原点、独創をつらぬく精神の歩み。そして、新たな建築哲学。渾身の書き下ろし220枚!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり隈研吾が好き!笑

  • 『三低主義』に続けて読んだ。この本の中で語られていたエピソードの大元の部分がじっくり書かれている。
    物を作る人の、子供のころの経験、環境、かかわってきた人たちが
    直接間接に影響していることを知るのは面白い。
    同時に、建築の世界の概要を簡単に知ることもできる。
    隈研吾の手による建物を、いろいろと見に行ってみたい。

  • 全ての建築は犯罪。
    中でも個人住宅はもっとも犯罪性が強い。
    個人の欲望やエゴを物質を通じてリアライズする。
    お金をかけて、資源を消費し、エネルギーを消費しなければ作れない。結果として、一つの場所を占有し、環境を変えてしまうのが建築の宿命。

  • 月並みですが、子供のころ持っていた感覚を忘れず大事にしないとなあと思いました。

    「生物にとって、世界というのはまず地面であり、床だからです。… そのせいか、今でも人のはいてる靴が気になります。この人はどう世界とつながっているか、どう自然と接続しているかが、靴を通じてわかってしまうからです。…その意味で建築は靴に似ています。大地と身体を仲介するからです。」

    いつ行っても季節の匂いのする農家の「ジュンコちゃん家」いいなあ。

  • 人間は日記を書いたり、写真を撮ったり、ツイートしたり、昔から痕跡を残すことに必死になる生物なのです 人間の身体は床に触れないわけにはいかない。人間には質量があり、質量には重力がかかる 確かに靴を変えると、自分と世界が変わったような気分になります

  • 多忙なのによく本出すな ゴーストライターじゃないよw

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

建築家。1954 年生。東京大学建築学科大学院修了。1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。現在、東京大学教授。日本、ヨーロッパ、アメリカ合衆国や、中国をはじめとするアジアの各国で100 件前後のプロジェクトが進行している。2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のメインスタジアムとなる新国立競技場の設計にも携わる。

「2019年 『和而不同』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕の場所のその他の作品

僕の場所 Kindle版 僕の場所 隈研吾

隈研吾の作品

僕の場所を本棚に登録しているひと

ツイートする