軍艦島30号棟 夢幻泡影~1972+2014~

制作 : 高橋 昌嗣 
  • 大和書房 (2014年6月25日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392606

軍艦島30号棟 夢幻泡影~1972+2014~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとしたアクシデントで軍艦島で働くことになった写真家の高橋さん。1972年の出来事だった。その時の写真と2014年の風景。働きはじめてから閉山までの話も含まれて見ごたえバツグン!DVD-ROM付きというのがうれしい。

  • DVDも付きなので、とてもオススメです。
    軍艦島の今と過去といった構成で、過去の温かみのある写真と今の朽ちた退廃とした写真対比が個人的にはとても良かったです。

  • まさかの空港の本屋での立ち読み。

    その少し前にTwitterで廃墟の写真がリツイートされたこともあり、多少は知っていた。
    しかし、その当時の様子はもちろん知らない。

    そんな時にたまたま通りがかった本屋で、写真のなんとも言えない重さについ足を止めてしまった。
    立ち読みが苦手な私だったが、写真ひとつひとつに引き込まれていく内容だった。
    当時の過酷な状況が鮮明に描かれていて、読み終わる頃には違う世界にいるような気持ちになった。

  • 軍艦島に住んでいたからこその写真たち。
    生活記録の大切さを思い知らされます。
    戦後の高度経済成長は自然発生ではなく、命を掛けて自分と家族を支えた方々の灯火で支えられたのだと、若い世代にハンドオーバーしていくことが大事だなと思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

軍艦島30号棟 夢幻泡影~1972+2014~のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

軍艦島30号棟 夢幻泡影~1972+2014~はこんな本です

ツイートする