はじめての哲学・宗教~センター倫理でびっくりするくらいよくわかる~

著者 :
  • 大和書房
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392668

作品紹介・あらすじ

この1冊で"人類の叡智"をまるごと理解!教養としてのセンター倫理、解かないなんてもったいない!センター倫理にこんな利用法があったなんて!よく練られた良問の面白さを堪能するうちに、いつのまにか世界の哲学と宗教のポイントをおさえられる画期的な書。受験にも、ビジネスにも、教養にも!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルのように、びっくりするくらいよくわかりはしなかった。これほどの幅広く、深いテーマを1冊で「よくわかる」というのは不可能かもしれない。ただ、センター試験の倫理の問題はこういうものなんだというのはわかった。各項目の頭にセンター倫理の問題があり、その後に解答を交えて説明するような形式だからだ。

    よく見たら、著者は「今でしょ」で有名な林先生と同じ著者は東進ハイスクール講師だった。

    「はじめに」で書かれていて、なるほどと思ったこととして、既存の哲学・宗教の入門書は西洋思想に偏りがちというものがある。それに対してセンター倫理は日本思想にウェイトが置かれている。聖徳太子、本居宣長、夏目漱石といったよく知っている人物について、哲学・宗教の本で読むというのは面白かった。そういえば学生の頃にこんなのを習ったなと懐かしく思った。

  • 東進の相澤先生の作品。
    他の日本史シリーズに比べると難しく、あまり面白くない。。。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

相澤 理
1973年生まれ。東京大学文学部卒業。
シリーズ累計35万部突破のベストセラー『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史』(KADOKAWA)著者。
長年にわたり、東進ハイスクール・東進衛星予備校講師としてセンター試験倫理対策講座を担当。現在は、通信教育予備校「早稲田合格塾」のほか、首都圏の高校で受験指導にあたっている。YouTubeチャンネル「ユーテラ」で授業動画を配信中(https://www.youtube.com/channel/UCTRI9gzaa4xp1vBWBJf0VXg)。
著書には、上記のほか『マンガで倫理が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)、『センター倫理でびっくりするほどよくわかる はじめての哲学・宗教』(大和書房)などがある。

「2022年 『悩んだら、先人に聞け!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相澤理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×