Love Letter

  • 大和書房
4.00
  • (49)
  • (17)
  • (43)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (61ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479670506

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すき-。コトバにすると胸が痛くなるのはどうしてかな。
    簡単で難しい「好き」という感情を、素直に表現している絵本。

    恋人のパンダみたいな、像みたいな、鳥みたいな、例えようのない生き物が何とも言えずマヌケ可愛い。

    何より優しい気持ちにしてくれる本。好きだな、これ。
    やわらかく流れていくストーリーと、シンプルな絵がまっすぐに心に届いて、とても愛しくなる。こういう気持ち、忘れないでいたい。

  • 他の誰がなんと言おうと
    私自身が
    あの人のこと
    好きだ

    自信をもって言える


    恋ってこういうこと


    ふわふわと感じていたことが
    明確な言葉になって
    表現されていて


    読んでいると
    恥ずかしいやら
    嬉しいやら

    でも最後には
    優しい気持ちになれる本

  • 読んですごく深い愛の絵本だと思いました。
    「すき」ーそのひと言がどれほど人を愛すのだろうかとひしひしと感じました。

  • 私だけが知っている相手のいいところ。文字や言葉にして発信することの愛しさと切なさと素晴らしさを感じる。

  • まわりが良くないと言っても、自分が大好きだから付き合う。真っすぐな愛の心、素敵だと思う。

  • 好きな人のことを思うと幸せな気持ちになるってことをしみじみ感じる絵本

  • 大好きな人を抱きしめたくなります

  • 恋人への想いを綴った本だけどあえて、
    私の大切な宝物である、
    我が娘にこの本を贈りたい。

    あなたがいてくれて、
    めぐりあえて、
    ほんとうにおかあさんはうれしいのよ、
    と。

  • あなたの こころ
    さわりたいと思う
    わたしの こころ
    さわってほしいと思う

    わたしのがらじゃない。
    人としてキレイすぎる。
    だから、こっそり読みたい。

  • すごく幸せな気持ちになれる本。こんなふうに思える誰かに出会いたくなります。全部好きだけど、「ああ!わたしの 弱いところを 見ても おどろかないで いてくれた!」のところが1番好き。グッときました。
    本のデザインが作者の旦那さんてのも粋です。素敵。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おーなり 由子(おーなり ゆうこ)
1965年、大阪府生まれの絵本作家、漫画家。女性。夫は絵本作家のはたこうしろう。
1982年『りぼんオリジナル』に「路地裏の風景」を掲載し、漫画家としてデビュー。1985年に初短編集『秋のまばたき』に続いて、1987年『六月歯医者』、1988年『グリーンブックス』、1990年『ともだちパズル』の計4冊の漫画作品を発表。
『天使のみつけかた』以降は絵本・挿絵を中心に活動しており、『だんだんおかあさんになっていく』などの作品を刊行している。

おーなり由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
伊坂 幸太郎
おーなり 由子
おーなり 由子
おーなり 由子
おーなり 由子
よしもと ばなな
梨木 香歩
おーなり 由子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする