色は無言であなたの心を動かしている。

著者 : 七江亜紀
  • 大和書房 (2017年1月20日発売)
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479761563

色は無言であなたの心を動かしている。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでるあいだ、わりあい多く思ってたのが

    『この話、色、関係なくない?』

    でした。

    もちろん「色」に興味があって手に取りました。色が心に及ぼす影響とか、解説を期待していました。もちろんそういう要素もあるのですが、内容を見て、いろんな要素を無理に色に結び付けているようにしか読めませんでした。

    お店の色遣いの話をしてたら急に立地や構造の話。
    肝心なところで「奇抜すぎる」「おしゃれすぎる」と、急に主観が入りすぎて抽象的。
    色遣いが出来てないものを否定するような言い方。

    に、私は読めました。あくまで私は、ですが。
    (特定の色に憎しみがあるの?という印象すら残りました…。)


    ほかには

    >おみやげは小分けにされてるものを選びましょう

    え、えぇ、それはわかりますが

    >卵料理は(略)食べ飽きることがありません。

    など、色んなことも決めつけられているな、という気持ちになりました。

    お話はわかりますし、きっと伝えたいことがたくさんあるんでしょう。ただ、詰め込みすぎて色の話題がかすんでいます。このタイトルなのもあって内容が「?」でした。お店も「看板」「店の作り」大事なんですよね?本もそうではないでしょうか。

    ライフスタイル本で色の要素を含む、なら、もう少し納得して読めたかもしれません。集中できるいろ、発想をうながすいろ、良さそうな情報もあるだけに残念です。
    本を一冊書きあげたということに対する尊敬と、なるほど、があったことに☆2つです。

  • 色が表す効果や人に与える効果を知ることができ、とても参考になりました!可愛いから・なんとなくという気持ちで選んだ今日の服も、無意識に自分の気持ちを表しているのかなと思うと、より色の世界に興味が沸きました。「なんだか気分が上がらない」「初めてのデートに何着て行こう?」などの悩みも色が解決してくれるかもしれないと思うと、楽しくなりました。(OM)

  • ま、ここに書かれているもろもろの主張の大部分はナンセンスだと思うけれど、色はそれなりに心理に影響するってのはその通りなんだよね。てことで僕も普段着る服をなんとかしたいのだが、なかなか買いに行く暇がない。

全3件中 1 - 3件を表示

色は無言であなたの心を動かしている。のその他の作品

七江亜紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
又吉 直樹
宮下 奈都
又吉 直樹
羽田圭介
エラ・フランシス...
西川 美和
有効な右矢印 無効な右矢印

色は無言であなたの心を動かしている。はこんな本です

ツイートする