無神経な人に傷つけられない88の方法―「心の感度」の高い人ほど人間関係に悩む

著者 : 岩月謙司
  • 大和書房 (2002年6月発売)
3.77
  • (6)
  • (8)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 57人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479770527

無神経な人に傷つけられない88の方法―「心の感度」の高い人ほど人間関係に悩むの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は、人の言葉や態度でいとも簡単に傷つくタイプです。
    「無神経な人に傷つけられない88の方法」というタイトルに
    正直、読まなきゃ!と思いました。

    読んでみると、88の「方法」と言っているけど、これは「方法」ではないよなぁ…。
    そして、副題の-「心の感度」の高い人ほど人間関係に悩む-には納得しました。

    キーワードは、「心の感度の高い人」、「親子関係」だと思います。
    同じような内容が繰り返し、繰り返し出てきます。

    読みながら、私自身どうやら「心の感度の高い人」の方に分類されそうです。
    思い当たる節があるわ、あるわ…。

    最初に言ったように、私はホントにちょっとしたことで傷つきます。
    周りからもそう言われてきました。
    そして、そのたびに「精神的に弱すぎ」「もっと強くなれ」と言われまくってきました。
    自分の気持ちを分かってくれる人なんてホント皆無!みたいなこともいっぱいありました。
    逆に、何か問題があって解決できなかったとしても、
    共感してもらえるだけで、幾分楽になる。
    それらの理由が分かりました。
    理由が分かっただけでも読んだ甲斐があったと思います。

    親子関係も重要で、特に幼少期の親子関係がどうだったかで
    その後の人生も変わってしまうということです。
    でも、3歳じゃないからと絶望しなくてもいいようです。
    それは、本書の最後の方にどうしたらいいか書いてありました。
    文章で読むと簡単なような気がしますが、実際自分を変えていくのは難しいよな。
    でも、まずは気づくことも大切だと思います。

    そして、もし自分に幼い子供がいる人はうんと子供を愛して欲しいです。
    愛するというのは、ものを買い与えるとか贅沢をさせるとかそういうことではないです。
    共感し、認めてあげてください。
    ぎゅーっと抱きしめてあげてください。


    「幸せ恐怖症」とか「無自覚」、「妄想や幻想の中で生きてしまう」、「自分にうそをつく」とか
    自分としてはドッキリする内容もありつつ、色々考える本でした。

    結局、無神経か否かが大きな問題ではなくて、
    人はそれぞれ感度が違うということだと思いました。
    当たり前のことだけど、簡単に忘れてしまうことですよね。
    でも、それを知ることは本当に大事なことだと思います。

    「私もうれしい、あなたもうれしい」で生きられますように。

  • 気楽な気持ちで手に取った本。
    最初、ふむふむ。なるほど。と読んでいました。
    読むにつれていろんな謎がとけた。

    ずっと謎に思ってた。
    図書館で借りたけど、買いたい。
    何度も読み返したい。いい本に出会えた感謝。

    人の幸せを喜び、人の不幸を悲しむこと。愛は大切だよなー。

  • 他のどの本とも違う、岩月ならではの行動学的視点から人の心理を見抜いた本書は、人間関係に悩む全ての人に読んでもらいたい一冊。この本を読んで「そうそう!そうなんだ!同じことを思っている人はいたんだ!」と感じれば、あなたは間違いなく心の感度の高い人である。

  • 【No.151】「自分の感性が唯一絶対と思っている人は、自分と感性の違う人を認めない」「我慢の許容範囲は人によって違う。我慢できないからといって、わがままとは限らない」「心の感度が高く、心の深いところで生きている人は、人に理解されず苦難の多い人生を歩んでいることが多い」「心の感度の高い人は、自分が一番楽しいと感じる世界を最重視すること。そしてそれを楽しむことをもって善しとする価値観で生きること。世間的には何も自慢するものはなくても、自分自身に向かって誇ることができる。わかる人にわかってもらったらそれでいい、という生き方」

  • 「傷つけられない」というよりは「楽しく生きる方法」で、88の「方法」というよりは88の「分析」?だったけれど、わかりやすくまとめられていて面白かった。

  • 自己防衛のための本なのかと思ったが、第三者にアドバイスするときにも使える。傷つけてしまう人にも、傷つけられやすい人にも。書き方も丁寧で分かりやすくて良いと思う。

  • 幼児の接し方に参考になりました, 2004/11/16


    子どもの頃の経験が、大人になっても、その性格を決定づけてしまう点が非常に参考になりました。我が家も3歳の子どもがいますので、もう一度接し方を見直してみたいと思います。
    また、無神経な人がどうして無神経なのかも解りました。人それぞれ心の感度が違うので、仕方が無いことなのかも知れませんね。でも、それに対する対処法が示されており、少しは傷つかないようにできると思いました
    傷つきやすい人、人の言動に敏感になっている人は一度読んでみると良いと思います コメント | ブックマーク

  • 帯の言葉
    どうして、あの人は、無神経なことを平気で言えるのか?
    あなたが今よりも生きやすくなる本


    目次

    第1章 誤解はなぜ起こるのか

    第2章 傷つくとはどういうことか

    第3章 「心の感度」の高い人の特徴

    第4章 「心の感度」の高い子どもが親から愛されなかったとき

    第5章 「心の感度」の高い人が深く傷ついたとき

    第6章 傷ついた「心の感度」の高い人への処方箋

  • 人間関係に悩んだときには良い助言となる本です。

全9件中 1 - 9件を表示

無神経な人に傷つけられない88の方法―「心の感度」の高い人ほど人間関係に悩むのその他の作品

岩月謙司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

無神経な人に傷つけられない88の方法―「心の感度」の高い人ほど人間関係に悩むはこんな本です

ツイートする