権力のつかみ方 ~人の心を虜にするJFK式「心理操作の魔術」~

著者 :
  • 大和書房
3.23
  • (1)
  • (11)
  • (15)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 95
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479771753

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • JFkことジョン・F・ケネディ大統領はなぜ、43歳と言う若さで世界最大、最高の権力者の座についたのか?本書は彼の駆使したという「金と名声をつかむ極意」を紹介したものです。やはり彼は偉大でした。

    僕が初めてJFKのことを知ったのはテレビのドキュメンタリーで紹介されていた彼の暗殺の瞬間。次に彼の時代でアメリカで学生時代を謳歌していたノビー落合こと落合信彦氏の著作からでありました。本書はJFKがいかして43歳という若さでアメリカ合衆国大統領という世界でも最大・最強の権力の座についたのか?ということをケーススタディにして彼が権力をつかんでいったノウハウやセルフプロデュースの手法など、全50手を心理学者である筆者が分析・公開したものであります。

    その例をいくつかここに挙げると、
    「7割与えなければ人は満足しない」
    「『恐怖』で煽ると何が起こるか」
    「イヤなことを喜んでやらせる方法」
    「やさしくするより厳しくしたほうが慕われる」
    「暴言を吐いて、心の隙間に入り込む」
    「面倒な交渉での勝ち方」……など。
    さまざまな手練手管を用いていることに驚かされました。

    特に自分の目を引いたのは「人の評価は「実力」より見た目で決まる」という箇所で、自分自身が人を「見た目」で判断していることにわれながら驚きつつ、『見た目だけで評価しないでくれ!』などというなんとも矛盾極まりないことをつい最近まで思っていたことに大いに恥じ入ってしまいました。やはりセルフプロデュースにも『見た目』の要素は重要なものなのだと。

    後はあんまりそればっかりでもだめなのでしょうがある場面では『ワンマン』になる。ということも必要なんだということも彼の言動から学ぶことができました。自らの下した判断が、世界の行く末を左右するのだ、ということは想像もできないようなプレッシャーがあるのだと思います。その中で『よりベター』な決断を瞬時に下していく。その大切さをこの本から学んだような気がいたしました。

  • ぎょっとするタイトルだけど、中身は「人望の集め方」みたいな感じである。いろいろ引用されている心理学の実験(の解釈)がどこまで正しいのかは、僕にはよくわからない。

  • ①人の上に自然と建てるようになるには?
     ・接触回数↑
     ・約束守る
     ・おごる(7割与える)
     ・やってみようとおおばらを吹き、行動、改善していく

    ②カリスマ性を身に着ける方法は?
     ・ゆっくり大きな声
     ・いい人でも優しい人でもなく、明るくて厳しい人
     ・ドジ体験を披露
     ・数字を入れて説明する

    ③気づき
     ・恐怖は人を動かす(~した方が良い、さもないと~)
     ・追わない人脈を切る

  • ☆信頼をつかみたい相手との接触回数を増やす
    ☆どんな些細な約束も全て絶対に守る
    ☆ケチケチした気持ちは捨てておごりまくる
    ☆金も手間も、必ず人より多く出す
    ☆周りの人間すべてを好意的に解釈、評価する

  • タイトルはギョっとするけど、J.F.Kの人間性を用いての自己啓発本。
    リーダー向け。読んだ中で1番好きな自己啓発本かも。

  • えらそうであれ、人たらしであれ、

  • ケネディ大統領をモデルにした人間関係スキルの指南書。ケネディ流の人付き合いの方法やリーダー術などのヒントを紹介している。

  • 企画としてはおもろいんですが、ケネディの発言にかこつけて著者の思うところを述べてる啓発本です。自慢話も出てくるし。

  • *****
    リーダーとなるための努力の切り口。
    人は自分が知り得た情報の中で合理的に判断する。
    見た目が9割、に通じる内容。
    *****
    小さな約束を必ず守る。
    お金を積極的に出す。
    要求は丁寧に堂々と提示する。
    怒ったら怖いのだと思わせる。
    ジョークで切り返せる技を持つ。
    自信があるように見せる。
    印象に残るフレーズを使う。
    言いたいことを押さえていると魅力がなくなる。
    目標に向かって挑戦している人は顔つきにでる。
    *****

  • 心理学者が書いた、ジョン・F・ケネディに学ぶ、人の心つかみあらゆる人に支持されるためのリーダー論。
    副題の「人の心を虜にする心理操作の魔術」ってのに惹かれた。

    ジョン・F・ケネディの名言やエピソードから、魅力的な人を分析したもの。
    周りにいる、人の心をつかむ人を観察すると、なるほどなぁと思う。
    特に下記。

    ・人の魅力は、どれだけ信頼されるかで決まる。(マメによく動き、小さな約束を守り、カネも手間も多く出せ)
    ・人の器は、嫌いな人とどれだけつきあえるかで決まる。
    ・人の格は、ビジョンの大きさで決まる。
    ・人の評価は、実力より見た目(明るく強く健康的)で決まる。大きく見せろ。

    さらりと読めた。
    タイトルや見出しが仰々しいが、よく読むと当たり前にことが書いている。
    著者が言う「大きく見せろ!」を実践しているなぁ。

    確かに、行動の分析だから、これでは権力はつかめないだろう。しかし、少しは信頼を得られるようになるかも。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

心理学者。立正大学客員教授。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。アンギルド代表取締役。社会心理学の知見をベースに、ビジネスを中心とした実践的分野への応用に力を注ぐ心理学系アクティビスト。
主な著書に、『「人たらし」のブラック交渉術』『ビビらない技法』(大和書房)、『ジョジョの奇妙な冒険が教えてくれる最強の心理戦略』(かんき出版)、『リーダーのための『貞観政要』超入門』(水王舎)などがある。著書は200冊を超える。

権力のつかみ方 ~人の心を虜にするJFK式「心理操作の魔術」~のその他の作品

権力のつかみ方 Kindle版 権力のつかみ方 内藤誼人

内藤誼人の作品

権力のつかみ方 ~人の心を虜にするJFK式「心理操作の魔術」~を本棚に登録しているひと

ツイートする