人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと

著者 :
  • 大和書房
4.04
  • (19)
  • (20)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479771807

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても分かりやすくまとめられていて、読みやすかったです。

    人に合わせない、ストレートに伝える、未来から逆算して今を生きる、夢リストを作る、セルフイメージを書き換える。
    今の私に必要なものがわかったように思います。

    黒猫思考で生きるために
    新しい未来のための夢リストをつくってみようかな。

  • ・嫌われてもいいや!
    ・人に合わせない。ストレートに、対等に

  • 物語形式で書いてあるので読みやすかったです。
    大事だなって思った所はマーカーで印付けるくらい、自分には必要な事だと思う事はたくさんありました。
    ただやっぱり向き不向きってあるのかなーって思うので「群れずに1人で行動する」が苦痛じゃない人と苦痛な人もいるだろうし、「モヤモヤは人に吐き出さない」を苦痛じゃない人もいれば苦痛な人もいると思うから「無理」はしない程度に実践する方がいいかもしれない。

    ただやっぱりその苦痛を乗り越えた先に何があるのか自分で想像した時や苦痛の先で何かを得られた自分はどういう自分か?を考えたらこの本はやっぱりプラスな本だと私は感じました。

  • 黒猫思考なんて可愛さだけの中身はないありがちな自己啓発本なんだろなと思ったら内容がしっかりしていて驚きました。
    自己啓発の内容が小説仕立てで読みやすくとてもわかりやすい。
    黒猫思考4の『モヤモヤは人に吐き出さない』が自分の中では新しかった。たしかにご指摘の通り、人に依存心を植え付けていただけなのかもしれない。気づけて良かった。
    夢リスト1000個、トライ中です。

  • 自己啓発書を物語にしたような本。自己啓発書に抵抗ある人も読みやすくなっています。

  • チェック項目9箇所。「自分の行動を、『親がこう言ったから』『あの人がこう言ったから』などと、誰かのせいにするのは、ある意味ラクかもしれない、自分の無力さを嘆くこともないからね。でもそれでは、いつまでたっても他人の人生を歩んでいるみたいで、心の底から楽しめる自分の人生を送れないんだよ」。自信を持つには、自分との約束を守れば良いのだ、たとえば、明日は朝7時に起きると決めたら必ず起きる、とかだ。たとえば、飲み会に誘われたけど行きたくないと思ったら、どう返事をして断る? ウソも方便といえども、ウソはウソ、相手にはバレなくても自分の潜在意識にはバレバレで、ウソをついている自分を次第に信じられなくなるんだ、あれこれ考えずに「今日はやめておく~」でいいんだよ。変化するには、「未来だけ」「今だけ」の視点ではなく、先に「未来を設定して「今」行動するという、2つの視点を持つことだ、「未来」の設定では、現在を基準に考えない、たとえば、今の偏差値から考えて入れそうな大学を選ぶ、ということはしない、自分の行きたい大学、学部を先に設定して、そのために今何をすべきかを考え、今行動していくということだ。周りからの抵抗に対して…・…「『そうでしょう? キャラ変えたんだ~』って流しちゃえばいいよ。それから、すでに夢をたくさん叶えている人の近くにいれば、逆に追い風のように応援してくれることが多いよ」。「私のことを思って教えてくれたと思うけど、今後は、私じゃなくて〇〇さんに『直接本人に言った方がいいよ』って言ってもらえる?」、コミュニケーションは、人が絡めば絡むほど複雑になるもの、人づてに聞いた話は仲介者の感情が入ってしまうし、シチュエーションだって正確にはわからない、人を介すほど、誤解が生じやすい、だから、直接目の前にいる人同士のコミュニケーションを改善していくのが、一番の近道なんだ。「意見を直接本人に言うことを、チームのルールとして徹底するんだね。陰口を言わないなんて当たり前と思っていたけれど、いろんな人がいるんだから、当たり前だと思うこともルールとして伝えておく必要があるのか」。「そんな企画、絶対うまくいかないと思います」「ほぅ、面白いねぇ~!」、この一言を言ったあとに、「どんな企画だったらうまくいくと思う?」とか、「どの辺がうまくいかないと思う?」と聞けばよい、相手の意見を上手に引き出せれば、より良い成果へとつなげることが可能になる。黒猫思考になるということは、自分とコミュニケーションをとって、自分の価値観を見つけていくこと、そして自分の価値観に沿った選択をし、行動に責任を持ち、その結果を受け入れることなんだ、要は自立。

  • 黒猫との対話を通して、日々のコミュニケーションがふと楽になるヒントがたくさん♪ 『 意見は直接本人に言う』
    『ツライと感じたらドM幸福論』
    『未来を共有して行動する』

  • 普遍的な心理を、小説で猫が教えてくれる。
    例の象の物語チック。
    タイトルから想像したのは、日々、周囲の評価を気にして人生や仕事がうまくいかない人へ、気持ちが楽になるようなことば…だったのだが、そうではなかった。
    Web購入は、中身が見られずこういうことが起こるのはしかたない。

  • カフェバーに住んでいる、人の言葉が理解でき、人の頭のなかに話しかける黒猫が教えてくれます。
    人に合わせない、ひとりで行動するなど、周りに合わせず自分のやりたいように行動するとラクになれる。
    読後は「黒猫思考、黒猫思考」と頭で繰り返し言い聞かてる自分がいました。

  • 自分を変えることができるのは、自分だけ。
    わかっちゃいる。
    だから、かえよ!

全11件中 1 - 10件を表示

金光サリィの作品

人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのことを本棚に登録しているひと

ツイートする