壇蜜歳時記

著者 :
  • 大和書房
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479772057

作品紹介・あらすじ

厄除け、春眠、葉桜、夏休み、雨宿り、文化祭、クリスマス…四季折々の俳句&写真と一年を巡る旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1980年秋田生まれ、本名、齋藤支静加(しずか)、一番うれしいプレゼントは「手紙」だそうです。「壇蜜歳時記」、2016.12発行。一年の計は元旦にあり、一月の計は朔日(ついたち)にあり、一日の計は朝にあり。「壇蜜」という勤めをされてる壇蜜さんの1年はどのような彩りで過ぎていくのでしょうか。知性と美しさで、多くのファンを魅了し続けていただきたいと思います(^-^) 「亡き祖父に 洗体接待 墓洗い」おじいちゃんゆっくり休んでいられませんねw。「しわしわと 老いれば甘し つるし柿」人間もそうありたいですw!

  • 「壇蜜日記」を読んで、壇蜜さんのエッセイの虜になる。今回のエッセイは「壇蜜さん的春夏秋冬」がテーマ。あっという間に過ぎる1年を「何かを感じつつ生きる」ヒントがちりばめられた独特の視点が冴える。壇蜜さんの口調もいい。「~ではないか」「わたくしは~」という口調が実に彼女に似合うのだ。このエッセイは、壇蜜さんのソフトなグラビア写真付き。もう、壇蜜さんの知性とエロスの融合に「天は二物を与えず」という言葉を否定したくなる。女性の私だが、壇蜜さんのグラビア写真集に手が伸びてしまいそうではないか。読み終えたら思わず口調まで、壇蜜さん風になってしまう事、間違い無し。

  • 季節感が心地よく、通読する時間を通して一年間を味わった気持ちになりました。

    「ゆるやかさの価値」が印象に残りました。

    壇蜜さん、いいなぁ。
    私も粛々と日々を過ごしていこう。

  • 写真と俳句付きのエッセイなので、期待してましたが「あれ?」というほど普通でした…。
    「壇蜜日記」や「どうしよう」に期待します。

  • メディアリクエスト
    他館より借受

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1980年秋田県生まれ、東京育ち。昭和女子大卒業後、調理師免許を取得。その後、さまざまな職種を経験し、2010年、29歳の時にグラビアアイドルとしてデビュー。独特の存在感でメディアを賑わせ、2013年には映画『甘い鞭』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。新聞・雑誌などで執筆活動も行っており、著書に『はじしらず』『壇蜜日記』などがある。本名・齋藤支靜加

「2016年 『どうしよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

壇蜜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする