モノを整理してスッキリ暮らす―捨てられないひとのための生活術

著者 :
  • 大和書房
2.56
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 35
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479780700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性の平均数、バック20個、靴25足、服214点。。。と、書いてあってみんな意外と物持ってるんだなぁーと安心してしまった。笑。モノ減らさなきゃ減らさなきゃと思って読んだのに、逆に安心してしまったよ。どんな人の平均なのかはわからないけど、ショップ店員上がりの私と変わらないんだから、一般の普通の人でもそんなにモノ持ってるってことかぁー(._.)

    と、掃除したい私にはなんの役にも立たなかった一冊。むしろいいか、とか思ったから。笑


    だめじゃん。

  • 著者の主観が多く、あまり参考にならないものでした・・年代や環境によって、生活の考えが違うのでしょう。

  • まあ。目新しい発見はない。

  • そこまで徹底して物を減らさんでも…。雑貨好きな私にとっては、ちょっと寂しいぐらいの整理ぶり。シンプルライフを目指す人にはいいかも。

  • 著者はおしゃれな人らしく「衣類・靴・ハンドバッグ・アクセサリー・化粧品」の整理のしかたが本書の半分を占める。ファッションに興味がある人向けかも。
    印象に残ったのは、「これだけは手放せない」アクセサリーだけを残してあとを処分することにした結果、10個だけが残った、というところ。
    「これだけは手放せない」という気持ちで持ち物を厳選してみようと思った。
    2006.5.13

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

生活研究家。消費生活アドバイザー。新潟県生まれ。共立薬科大学卒業。洗剤メーカー勤務を経て、百貨店の消費生活アドバイザーとして30年間勤め現在に至る。料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なアドバイスで、出版・講演など幅広く活躍中。70代になった今も快適な暮らしのノウハウを探求すべく、年に一度海外にホームステイに出かけている。
著書に『老いのシンプルひとり暮らし』『老いの片づけ力』(ともに大和書房)『男子家事 料理・洗濯・掃除の新メソッド』(マガジンハウス)『60歳からの「シンプルな家事」わたしの方法』(三笠書房)など多数。

「2017年 『案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部絢子の作品

ツイートする