子どもの心を開く 笑顔のコーチング

  • 大和書房
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479781912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもと過ごす時間は期間限定!あっという間!たしかに子育ての数年間は、笑顔で乗りきりたい!
    そして、子どもを変えるのではなく、まずは自分の行動を振り返り、笑顔を増やしていきたいです。

  • 子育て本、コーチング本の基本が紹介されている。文章そのものは読みやすいので、すぐに読みきれる。
    子育てやコーチングについて書かれた本を何冊か読んでいる人には、知っているような内容がほとんどなので、新発見はない。
    子育て中の自分の態度、表現について、再度振り返りをする一つのきっかけにはなった。

  • ツタヤで借りた!!
    相手が話すまで待つ
    grow ->green
    育てることは、緑が自然と成長する事のように待つこと

    個人的意見
    それがagree??

  • ツタヤのDVDで見ました。

  • 子どもを笑顔にするコーチングの手法について書かれた本。
    子どもを「他者と交流できる、孤独でない人間に育てる」ために、継続して実践していきたいものです。
    「電車に乗り合わせた知らない人は、敵でもなんでもない」という言葉にドキッとしました。

  • ◆「64億人の笑顔」を実現するために「ハロードリーム」と銘打ったプロジェクトを推進している2人の共著。子供の笑顔と可能性を引き出すために、「楽しい関わり方の工夫」「笑顔の親子関係を築くコミュニケーションの秘訣」を伝えている。

    ◇人は「幸福なとき」だけでなく、「幸福になりたいとき」にも笑顔になるのだ(中略)「しあわせだから、笑顔になる」だけではなく、「笑顔になると、しあわせになる」

    ◇自分の強みも弱みもきちんと認めたうえで、「私には大きな可能性がある」「私は充実した人生を送ることができる」と思える、「ありのままの自分で精一杯生きよう!」とまっすぐに思える。そんな自己肯定感があれば、いろいろなものごとを笑顔で迎えることができます。

    ◇「認める」とは、「なんでもかんでも賛成して、同調する」ということではありません。今、子供はこういう状態だ、という事実を否定せずに受け入れることです。「みとめる」とは、「見」+「留める」とも解釈することができます。子供を観察し、その内心をきちんと「見て」、心に「留める」、ということなのです。

    ◇自分の人生を、「演出家」の立場で見てみませんか?人生に起こる出来事はコントロールできなくても、どんな態度、どんな表情、どんな気持ちで過ごすかは、自分で選ぶことができます。

    ◇5つの「宝物」を探してみよう
    ・「ラッキー探し」…やったー!と思えた出来事
    ・「学び探し」…発見や驚き、興味を持ったこと
    ・「すてき探し」…これって楽しい!きれい、素敵、かっこいい、と思ったこと
    ・「ありがとう探し」…誰かの親切、思いやり、笑顔などに感謝したくなったこと
    ・「ごめんね探し」…誰かとの仲直りなど、イヤな気持ちが明るく切り替わったこと

  • ◆「64億人の笑顔」を実現するために「ハロードリーム」と銘打ったプロジェクトを推進している2人の共著。子供の笑顔と可能性を引き出すために、「楽しい関わり方の工夫」「笑顔の親子関係を築くコミュニケーションの秘訣」を伝えている。

    ◇人は「幸福なとき」だけでなく、「幸福になりたいとき」にも笑顔になるのだ(中略)「しあわせだから、笑顔になる」だけではなく、「笑顔になると、しあわせになる」

    ◇自分の強みも弱みもきちんと認めたうえで、「私には大きな可能性がある」「私は充実した人生を送ることができる」と思える、「ありのままの自分で精一杯生きよう!」とまっすぐに思える。そんな自己肯定感があれば、いろいろなものごとを笑顔で迎えることができます。

    ◇「認める」とは、「なんでもかんでも賛成して、同調する」ということではありません。今、子供はこういう状態だ、という事実を否定せずに受け入れることです。「みとめる」とは、「見」+「留める」とも解釈することができます。子供を観察し、その内心をきちんと「見て」、心に「留める」、ということなのです。

    ◇自分の人生を、「演出家」の立場で見てみませんか?人生に起こる出来事はコントロールできなくても、どんな態度、どんな表情、どんな気持ちで過ごすかは、自分で選ぶことができます。

    ◇5つの「宝物」を探してみよう
    ?「ラッキー探し」…やったー!と思えた出来事
    ?「学び探し」…発見や驚き、興味を持ったこと
    ?「すてき探し」…これって楽しい!きれい、素敵、かっこいい、と思ったこと
    ?「ありがとう探し」…誰かの親切、思いやり、笑顔などに感謝したくなったこと
    ?「ごめんね探し」…誰かとの仲直りなど、イヤな気持ちが明るく切り替わったこと

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

京都造形芸術大学副学長。米ミネソタ州政府貿易局、松下政経塾研究部門責任者などを経て93年独立。「教育学」を超える「学習学」を提唱し「研修講師塾」を主宰、多くの企業・自治体で管理職研修を担当。

「2018年 『図解決定版 コーチングの「基本」が身につく本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本間正人の作品

ツイートする