男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!

著者 :
  • 大和書房
3.48
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479782360

作品紹介・あらすじ

なぜ子どもは口をきかなくなるのか?それは母親が口うるさいから。こんなはずじゃ…と嘆く前に、いまお母さんにできること。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/12/04

  • 男の子の反抗期と将来孫に会うための対策。
    何度となく「最近の女は強いので男がいなくても生きていける。結婚して子供ができても離婚され、養育費をがっぽりとられる」と出てきて、そのために「料理掃除洗濯を教え、ただできるだけじゃなく自らすすんでやるように躾けるべき」とのこと。

    ちょっと受け入れにくいところもあるけど、「うーん……でもまあ確かにそうかも……」と納得させられる感じがちょっと気持ち悪い。

  • これは女の子にも当てはまる、ということがたくさんありました。
    読んだ後で裏表紙を見ると・・・まさにその気分です。が、すぐに忘れて自己流になってしまう。。。

  • 今年には10歳を迎える長男対策に。

    反抗期を乗り越えるコツをまとめると
    1)しつこく話しかけない。返事は期待しない。
    2)「うっさい」「ババア」は聞き流す←もうすでに言われてるしwwww
    3)とはいえ、見守りの姿勢で。気にかけているという無言のメッセージを送っておく
    4)ケータイ、かばん、机を勝手に見ない
    5)腫れものとして扱わない
    6)毅然とした態度で
    7)親以外の大人の友達を持たせる
    8)反抗期を逆手にとって自分のことは自分でやらせるw
    他は、松永氏のこれまでの著作にも繰り返し書かれていたことのおさらいでしたが、読むたび、重要なことを思い出させられます。
    たびたび何度も読みたい本になりそう。

  • 男の子が10歳くらいになる頃になると、身体的、精神的にも変化があるので、それまでと関わり方を変える必要がある。と言う事を、ではどう接すればいいの?と言う事について説明している。

    そうだよね、分かっているけどね。と言う事もたくさんあるが、いざとなるとなかなか言う通りにできないんだよね。と反省する場面も多かった。
    色々と気づきとなる言葉も沢山あったが、巻末の反抗期を乗り越える12か条に集約されていると思った。

    反抗期を乗り越える12か条
    ・基本は見守る姿勢。理解できなくても当たり前と思え
    ・話せばわかる、ではない。しつこく話しかけない。
    ・返事を求めない
    ・「うるせえ」「ばばあ」などの暴言を聞き流す
    ・気にかけていると言うメッセージは忘れずに
    ・プライベートは侵害しない。携帯を見ない。鞄や机を勝手に開けない
    ・腫物として扱わない
    ・性的な変化に過剰反応しない
    ・おろおろしない。毅然とした態度で
    ・親以外のおとなの友達を持たせる
    ・個室を与える。ただしリビングを通る
    ・親が家出をする。

  • 子どものことを「1人の人」として、対等に接すること。
    自立を促す働きかけを実行すること。

    このふたつが印象に残りました。
    わが家にもこれから訪れる反抗期。
    わが子がどんなふうに反抗してくるのか、楽しみに待とうと思います。

  • やり過ごすしかないんだねー

  • 図書館。

  • 息子がいる人を見ているとクソババァと言われてる人と、ママはボクのプリンセスと言われてる人に分かれてる気がします。なぜとても優しくて献身的で良妻賢母の友達が小さい息子からクソババァ呼ばわりされてるのか、この答えが載ってます。彼女たちの特徴がまさしく書かれている通りでした。と心の中だけで納得しておきます。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

松永暢史(まつなが・のぶふみ)1957年、東京都生まれ。V-net(ブイネット)教育相談事務所主宰。個人学習指導者、教育環境設定コンサルタント、能力開発インストラクター、教育メソッド開発者、教育作家。

「2018年 『頭のいい小学生が解いているヒラメキパズル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!のその他の作品

松永暢史の作品

男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!を本棚に登録しているひと

ツイートする